Home > 従姉妹・従兄弟 > 従姉妹のお姉さん

従姉妹のお姉さん

小学校の高学年の頃、従姉妹のお姉さん(みかちゃん)が、うちに下宿していた。
高校を卒業し、看護学校に通うため、地方から出て来ていたんだ。

家はさして広い方でもなく、みかちゃんに部屋を提供するため、僕の机を縁側の隅っこに置き、縁側全体を僕の部屋として使うことになった。
みかちゃんは、僕に申し訳ないと、すごく恐縮してた。
もっとも僕は、姉と共同の二人部屋よりも、その場所を結構気に入っていたんだが。

みかちゃんは、当時、真面目でおとなしい少年だった僕をかわいがってくれた。
友達と出かける時なんかも「小さなボディガード」と言って、あちこち連れていってくれた。
今思えば、みかちゃんは幼児体型のロリ顔で、けっこう可愛かったと思う。
けれど、田舎から出てきた引っ込み思案で、彼氏もいなかったようだ。
僕も姉もみかちゃんが大好きで、寝るときは、僕と姉が、みかちゃんを間にはさんで、川の字になってねていた。
両親もみかちゃんも僕がまだちいさい子供で、全然気にして無かったみたいだ。
しかし、僕はその頃、少しずつ性に関心を持ち出した頃だった。
父が不注意に放置した週刊誌のグラビアや、ごく他愛もないテレビのラブシーン等を見て、興奮していた。
また、いっしょに暮らすうちに、ふとした拍子に、みかちゃんの着替えのシーンに出くわすこともあった。
早熟な友達からは、ずいふん羨ましがられたものだ。

そんなある日、夜中にふと目がさめた。
暑くて寝苦しかったのか、みかちゃんが布団からのりだし、パジャマがめくれておへそが見えていた。
幼いながらもムラムラとした僕は、恐る恐るみかちゃんのお腹をなでた。
しかしその夜は、それ以上先に進むことはできなかった。
次の夜、僕は、みかちゃんが眠るのを、じっと布団の中で待っていた。
みかちゃんの頬を何度もつついて、眠っていることを確かめると、そっと布団をめくった。
大丈夫、起きる気配は無い。
みかちゃんの胸元に顔を近づけ、パジャマの前のボタンのあたりの隙間から中を覗く。
暗いし、隙間が狭くてよく見えない。
思い切って、パジャマの前の隙間に指を入れ、少し引っ張ってみる。
小さな胸の裾のあたりが見える。
もう少し。
体に触れないように注意しながらボタンを一個はずし、もう一度引っ張ってみる。

やった、見えた!
みかちゃんの乳首。

ほんの少しだけど、薄い褐色の蕾みが・・・。
触りたいけど、気づかれたらたいへんだし、これ以上はムリ。
次の日の夜も、いけないとは思いながらも、もうやめることなんてできない。
だんだんエスカレートするばかり。
パジャマの上から、小さなふくらみを掌で包んでみる。
はじめての柔らかい感触。と、その時みかちゃんが軽くみじろぎする。
あわてて手を離す。
ん、大丈夫、起きてない。

昨日は一個だったボタンを、今日はもう一個・・・もう一個・・・パジャマの胸元を左右に開く。
小さなふくらみ・・・左側だけ・・・と、その先端の蕾み・・・全部見えた。
だんだん、大胆になってくる、というより、がまんできない。
次の日の夜は、とうとう剥き出しにした乳房を手で押し包んで、静かに揉んでみた。
柔らかい。
乳首を指先で摘まんでみる。
その時、みかちゃんが

「ううん」

と、寝返りをうった。
あわてて手を離す。
気づかれた?しばらく、息を止めて、じっとしている。

大丈夫みたいだ。
たぶん・・・。

今度は、剥き出しにしたみかちゃんの胸に顔を近付け、そっと乳首を唇に挟んでみる。
なんて甘い・・・本当はもちろん味なんてないんだけど、やっぱり「甘い」としか表現しようがない。
気づかれたらたいへんなことになる。それでもやめられない。翌日も、その次の日も。
そんな夜が何日か続いたある日の明け方、みかちゃんが僕の顔をちらりと見て、

「ゆうべはさ、なんか寝苦しくて、良く眠れなかったんだぁ。」

また別の日の朝

「うぁ!おかしいなぁ、もう・・・ボタンはずれてるし。」

言いながら、僕の顔をチラリと睨む。
まずい、完全に気づかれてる。
けど、みかちゃんは、それ以上何も言わなかったし、僕の両親に言いつけることもしなかった。
このことが、かえって僕の行為をエスカレートさせることになった。

「みかちゃんは許してくれてるんだ。見てもいいんだ。知らないふりをして、触らせてくれてるんだ・・・。」

それからもしばらくそんな日が続いた。
みかちゃんは、なぜやめさせなかったのか、僕を責めなかったのか。
僕の部屋を取ってしまったことを負い目に感じていたのかもしれない。
だとしたら、みかちゃんに対して、ずいぶんひどいことをしたことになる。
けれどそのことも、この魅力的な行為を止めさせることにはならなかった。

このあと、どうなったか?
こんな関係がどれくらい続いたのか、どんなきっかけで終わりになったのか、今は思い出せない。

その後、看護学校を卒業したみかちゃんは、郷里に帰って、病院で働くようになった。
そして、僕が中学生になり、高校受験を控えた夏休み。
僕は、避暑をかねて、田舎のおばあちゃんの家で受験勉強をすることになった。
そして、そこはみかちゃんの家でもある・・・。
ちょうど、みかちゃんが僕の家に下宿していたのとは反対の立場になったわけだ。
最初の1週間ぐらいは、優しいおじさん、おばさんや、おばあちゃんたちに(もちろん、みかちゃんも)囲まれて、楽しい日々を送っていた。
しかし、もともと甘えん坊で、実際の年齢よりもはるかに幼い僕は、ホームシックになり、塞ぎがちになってしまった。
優しいみかちゃんは、そんな僕の気持ちをすぐに察してくれた。

「私の部屋にお布団もっておいでよ。今夜から、いっしょに寝ていいよ。」

僕は、その夜からみかちゃんの部屋で寝るようになった。
初めのうちは、別々の布団に寝ていた。

「そっちにいってもいい?」
「なに?あまえんぼやなぁ。・・・いいよ。おいで。」

みかちゃんは、優しく抱いてくれた。
みかちゃんの胸に顔を埋める。

「もぅ・・・えっちなこと考えてない?」
「そんなことないよ。そんなこと言うんなら、僕、自分の部屋に行く」

少しすねてみる。

「もう中学生なんだし。でも、いいよ。」

僕の頭を、そっと胸に抱きしめてくれた。
その日はそのまま眠ってしまったが、みかちゃんは、朝までずっと僕の頭を抱いていてくれた。
そしてまた、夢のような甘美な日々が続くことになった。
初めのうちは、ふたつの布団に仰向けに並んで話をしていた。
いつもえっちな事ばかり考えている訳じゃない。
その日勉強した歴史の年号や、みかちゃんの職場での出来事を話してもらったり、それも楽しい時間だった。
けれど、やっぱり最後は・・・。

ひとしきり話がおわり、お互い眠る体勢になり、しばらくすると、僕はそっと体をみかちゃんの方に向けた。
みかちゃんは黙ってうで枕をしてくれる。
僕はみかちゃんにすりよっていく。
うで枕をしていたみかちゃんの手が、僕の頭を優しく抱く。
頬に、みかちゃんの柔らかく小さい胸のふくらみを感じる。
手で触れてみる。
以前とちがって、みかちゃんが眠っていないことはわかっているのに。
みかちゃんは何も言わない。
僕はさらにみかちゃんのパジャマの前のボタンを外す。

「こらこら。」

幼い僕にも拒絶ではないとわかる、優しい抗議。
かまわずボタンを外し、胸をはだける。

「あぁ・・・」

この時初めて、みかちゃんは切なそうな声を漏らした。
小さな乳房全体を、掌で包む。
決して乱暴に掴んだり、揉んだりはしない。
掌の中心に、コロコロとした感触。
乳首・・・。
さっきまではこんなの無かったのに。

「ハァ・・・」

みかちゃんの息遣いが変わってきた。
掌で転がすように撫でる。指先で軽く摘む。

「あン・・・」

唇にはさみ、舌の先で先端を押してみる。
そして、小さな胸に顔を埋める。
エッチな気持ちと、お母さんに甘えているような気持ちとが半々に混ざりあって・・・。
みかちゃんが、僕の頭を優しく撫でてくれる。
僕は、みかちゃんに頭を抱かれたままで、朝まで眠った。

幼い僕とみかちゃんの関係は、それ以上進展することはなく、長いはずの夏休みは、あっと言う間に終わってしまった。

Home > 従姉妹・従兄弟 > 従姉妹のお姉さん

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top