Home > 恋人・嫁 > 愛妻を淫乱な女に・・・

愛妻を淫乱な女に・・・

下手な文章で失礼します。

10年以上前の話ですが、現実に妻を淫乱な女に成長させた話しを聞いて頂きたく、書いてみます。
当時、田舎に生まれた私は、両親と私達夫婦・娘と5人家族で暮らしておりました。
私は33歳で家業を継いでおり、愛(妻)は36歳で友達夫婦(直樹33歳・智子31歳、)に言わせると「清楚な奥さん」らしいです。
実際、妻は私以外の男を知らず、ノーマルなセックスしか経験させてませんでした。
セックス中も声を我慢して、家族に聞かれるのを気にしておりました。

そんなおり、娘が小学校に入学したのを期に、母屋の二階にある以前に私が使っていた部屋を娘にあたえ、私達夫婦は離れを使うと家族に宣言したのです。
妻も驚いておりましたが、私は心の中で「計画の第一歩は踏み出された」と、思いました。
計画とは、以前に読んだSM小説に妻を淫乱な女に調教していく話を実行するのが長年の夢だったのです。
離れに移り住んだことで、セックスの回数も増えました。
妻も少しずつですが声を出すようになってきた頃、ある出来事が妻を変えたのです。

ショッピングモールに出かけた時に、大学生風の若者に声をかけられナンパされそうになったのです。
その夜、妻から

「今日ね。ナンパされちゃった。もちろん、無視したけど久々にドキドキしちゃった。」

と嬉しそうに話すのです。
そんな妻をパジャマの上から胸を愛撫しながら、

「そう言えば、直樹も愛とHしたいって言ってたなぁ。」

と嘘をついたのです。

「えっ~直樹さんとそんな話するの?冗談だよね?」
「愛がいいって言ったらセックスしてもいいよ。って返事したけど・・・。」
「そんなのできないよ。あなただって嫌でしょ!」
「愛が他の男に抱かれてるの見てみたいなぁ。」
「そんなの普通じゃないよ。」

と言う嫁さんを無視して、パジャマの下をパンティーごと脱がせて顔を埋めました。
今までこんなに濡れたことがないほど、ビチョビチョになってるオメコを舐めながら

「どうしたの?直樹とのセックスを想像したのかな?それとも、ナンパされそうになった大学生にホテルに連れ込まれるのを想像したのかな?」
「ダメ~。頭がおかしくなる~。逝きそう~。逝く逝く逝く~。」

あっけないほど妻は逝ってしまいました。
妻にとっては刺激が強すぎたようです。
それからは、セックスの最中に耳元で

「直樹がしたいって・・・セックス。」

直樹の事を言うとすぐに逝ってしまう妻になったのです。
アダルトショップで買ったバイブに直樹って名前をつけてオナニーをさせるのもセックスの前戯になった頃、新しい遊びもさせるようになりました。
セックスの最中にテレクラに掛けて、話をさせるのです。

「こんばんは・・・。」

緊張して妻はまともに話しもできません。
少し慣れて会話ができだしたら、セックス再開です。

「私は主婦なんですよ。36歳の人妻です。」
「ご主人はまだ仕事から帰ってないの?」
「主人は・・・うっ・・・あ、あ~ダメ~。」

バックから挿入されながら声を堪えています。

「オナニーしてるの?それともセックスしてるの?」
「セックスしてます。主人に後ろから突かれてます。気持ちいいです。」

妻は律儀に答えてます。

「奥さん、気持ち良いの?もっと気持ち良いことしようよ。3Pしない?ご主人に聞いてみてよ?」

「えっ!3P?聞いてみるけど・・・。」
「あなた、3Pしようって・・・。」
「愛はどうなんだ?愛が決めなさい。」
「そんな~知らない人とはできないよ。」

電話に向かって

「今回はお断りします。」

って電話を切りました。
また、セックスを再開してると、

「男の人から、次につながったらお願いします、って言われちゃった。」

と嬉しそうに目を潤ませていました。

「愛は本当はどうなんだ?3Pしてみたい?」
「分からないわ。でも、いつかあなたに経験させられそう・・・。」

妻の予感が当たる日は1ヵ月後にやってきた。

Home > 恋人・嫁 > 愛妻を淫乱な女に・・・

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top