Home > その他 > 綺麗な義母に痴漢体験

綺麗な義母に痴漢体験

  • Posted by: moe
  • 2013年12月 3日 09:18
  • その他

3年前、私は結婚しました。
その妻には、たった一人の母がいるんです。
父親を早くに亡くし、義母は1人で娘を育てたんです。
そんな義母は39歳と若く、私から見ても惚れ惚れする美形。

その日、妻は残業で遅くになると連絡がありました。
義母と2人、夕食を済ませ風呂から上がると一緒に酒を飲む事になったんです。
義母とは気も合い、妻以上に話が合うんです。
その時は、義母も酒の勢いなのか?
エッチな話になっていました。

「昔ね、私も痴漢に会った事があるのよ!変な話、ちょっと興奮したんだ。」
「そうなんだ!義母さんもエッチなんですね。」
「エッチと言われると、何だか恥ずかしいけど・・・女性は見た目とは裏腹なのよ。」
「ん~、じゃ今痴漢されたら、やっぱり感じちゃうのかなぁ。」
「分からないわ!でもちょっと興奮するかもね。」

正直驚きました。
清楚な義母に見えて、内心エッチな面もあると知って・・・。
義母の目がトロ~ンとして来たので、

「先に寝てもイイですよ。」

と声を掛けると

「ごめんね!先に横になろうかな。」

と寝室へ向かって行ったんです。
義母が寝室に入って30分が過ぎたでしょうか?
義母との会話でエッチムードだった私は、思わず義母の寝室前に足を運んだんです。
ドア越しに耳を当てると声が・・・喘ぎ声?

「駄目よ・・・俊吾さん・・・もっと・・・ん~そこ気持ちいい。」

驚きました。
義母は私の名前を連呼しながらオナニーをしていたんです。
中に入っていき、義母を思いっきり犯そうか?
悩んでしまいました。
しかし、嫁が返って来たら・・・そう思うと出来ませんでした。

その出来事から数週間が過ぎた時、嫁が仕事で研修に行く事になり、週末の3日間、義母と2人で過ごす事になったんです。
私は、義母に悪戯をしようと考えました。
ネットの書き込みに義母の痴漢を依頼したんです。
義母には、街に買い物をしに行こうと誘い、朝の電車に乗り込みました。
通勤ラッシュまでいかなかったですが、結構込み合っています。
そんな中、私はスマホから義母の服装を書き込み、

「痴漢さん・・・お願い、アソコを弄って。」

と書いたんです。
1駅を過ぎた辺りでしょうか?
義母に近づく男性2人が、チラチラと辺りを確認しながら近寄って来ました。
2人は義母の後ろに立つと、何気なくお尻辺りに触れ始めたんです。
義母が驚いた表情を浮かべ、俯きました。
そしてチラチラ私を見るんです。
きっと私が触っているんだと思っているんでしょう?
顔を赤らめながら、ジッと堪えていました。
2人は義母が全く抵抗しない事を良い事に、スカートの中へ手を伸ばし、やがてストッキングとパンティを下ろしにかかったんです。
義母は、更に顔を赤らめ俯くと

「ハァ・・・。」

と声を漏らしたんです。

男2人にマンコを弄られ、義母は感じ始めている様でした。
男の一人が、義母を抱きかかえる様に手を前に回し、腰の辺りから手を中に入れ、胸を弄り始めると

「ん~ア~。」

と声が発せられ、やがて義母は唇を噛んで声を我慢していました。
そうして十数分の間でしたが、義母は彼らに散々弄られ感じていたんです。
電車が到着の駅に着くと、私は義母の手を握り駅のホームへ出ました。
まだ、直されていないストッキングとパンティがスカートの中に納まりきれず、見え隠れしています。
義母の手を取り急いで障害者用のトイレに入ると、私は無我夢中で義母を便座に座らせマンコを確認しました。
テカテカとした汁が太腿を伝って流れているのが分かりました。

「お義母さん!痴漢に感じるなんて・・・エッチですね。」
「えっ・・・あなたじゃ・・・。」
「違いますよ!本物の痴漢です!私見てたんです。」
「そ・そんな・・・。」
「やっぱりエッチだったんですね!でも好きですよ。そんなお義母さん。」

私は、驚きを隠せない義母をその場で抱くと熱いキスをしました。
そして、お義母さんと結ばれたんです。

今も、時より痴漢さんにお義母さんを弄ばせて楽しんでいます。
痴漢に会っている時の義母の表情は最高です。

Home > その他 > 綺麗な義母に痴漢体験

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top