Home > 従姉妹・従兄弟 > 女子大生の従姉

女子大生の従姉

大学入試からうちに下宿している女子大生に童貞を捧げたあと、もうオナニーはしないでもいいくらいセックスさせてもらいました。
毎日毎日朝から晩まですっぱだかでやりまくりました。
メグさんていうんだけど、気がつくと、お互いにはだかでぼくのちんちんはメグ姉の中に入ってました。
でも、春休みの一ヶ月くらい彼女が郷里に帰ってしまっているあいだ快感を我慢できなくて。

ようやく母がでかけました。
で、女子大生のメグさんとセックスできなかった一ヶ月はオナニーに狂いました。

今日は、久しぶりに女子大生メグさんとセックスする日です。
早く帰ってこないかなあ。

2時過ぎにメグさんが帰ってきました。
メグ姉さん特性の赤ワイン入りカルピスを飲んでからシャワーを一緒に浴びました。
冷静なつもりだったけどチンチンはすぐに大きくなりました。
立ったままちょっとだけ入れてもいいって言ったのでコンドームなしで先っぽを入れました。

「奥まで入れたい。」

って言いましたが、今日も

「中で出すのはダメで、出すまで入れとくんならコンドームつけないとダメ。」

なんでメグ姉さんの部屋に行って体を好きなように触り合ってからコンドームをつけて正面向きになってメグ姉さんの足を肩に乗せるようにしながらチンチンを根本までしかっり入れるようにして動きました。
メグ姉さんはすぐに

「ああ。ああ。ああ。」

って気持ちよさそうに声を出したんでぼくもすぐに気持ちよくなってしまいましたが、精子を出すのを必死でガマンして動きつづけたらメグ姉さんは

「すごいすごい。」

っていってエビぞりしました。
エビぞりされた瞬間、ぼくもドクドクがはじまり精子を出しました。

しばらく二人ともじっとしてたらチンチンが小さくなりはじめたんでメグ姉さんが先に起きてぼくのチンチンからコンドームをとって精子をみました。
先っぽのふくらみのところに精子がありましたが、そんなにたくさんなかったんでメグさんに

「オナニーしてだしちゃたんでしょお。」

ってからかわれました。

その後、もう一度シャワー浴びてお互い裸のままぼくはメグさんのマンコを、メグさんはぼくのチンチンをなめれるように横になってなめ合いました。
割れ目のビラビラの合わせ目のところをなめてあげると豆のようなものがとんがるみたくなってそれを口をつぼめて吸うようにしながら舌でチロチロしてあげたらメグ姉さんはまた、

「ああああ。」

って声を出しながらエビぞってしまいました。

そんなこんなHなことをしているうちに気がついたら6時過ぎててリビングのほうで電話が鳴ったんであわてて服を着ながら階段をおりて出ました。
電話は母からで帰りが遅くなるっていうことだったんでもう一度裸になってメグ姉さんに抱きつきました。
チンチンはすぐに大きくなったんでまだヌルヌルしているあそこに入れようとしたら手で握られ思い切りこすり倒されてしまい、あっというまにドクドクしてしまいました。
結局4回もドピュドピュしちゃった。

精子はそんなにでませんでしたが気持ちよかった。
そんときはもうセックスしなくてもいいと思ったのにいままたセックスしたくなってきました。

初体験させてくれたメグ姉さんは本当にセックスが好きみたいです。
昨日の今日だっていうのに昼を一緒に食べたときだめもとで今日も誰もいないからセックスしようよっていったらあっさりとOKだったんでびっくりしました。
暑かったんですけどクーラーなしで汗まみれのセックスをしようっていうことになってメグさんの部屋の床にバスタオルを敷いて裸で抱き合いました。

69になって互いになめあったのは昨日と同じでしたけど、シャワーとかあびないでいきなりだったんで割れ目をなめるときけっこうチーズくさかったですけどかえって興奮しました。

メグさんのあそこはすぐにヌルヌルになっていつでも入れられそうな感じになりました。
すぐにメグさんが起きて、あおむけのぼくにまたがっておなかにあそこをこすりながらああ、ああって気持ちよさそうに体を動かしてたときメグさんはぼくのチンチンを握ってコンドームとかつけないままあそこに入れました。

入れたまんまメグさんはお尻を回すみたく動きました。ぼくも抱き起こされ座った感じで抱きしめ合いました。
メグさんが急に激しく動いたんでぼくもドクドク来そうになったんですが精子を出すのをガマンできました。
そのときメグさんの耳元で

「コンドームつけないでいいの?」

って聞いたら、

「出そうになったら言って。」

って言うんで頷きました。

キスされて舌を吸われたときまたドクドク来そうになったんで肛門を締め付けて耐えました。
メグさんが全身をふるえさせるみたく動きながら、

「ああ、ああ・・・。」

と気持ちよさそうに声を出すんでその声に興奮しました。

メグさんがのけぞるようにエビぞりするのを必死にだきかかえました。
今度、締め付けられたら精子が出ちゃうと思い

「そろそろ出るかも頷」

って言ったら、

「今日はいいわ、そのまま出して頷」

って言ってくれたんで、ぼくも下から突き上げるようにメグさんのなかでチンチンこすろうとしました。

しばらくしてめぐさんがいいわいいわあっていってさらにエビぞりしたとき急にチンチンがしめつけられなくなっていくら動いてもこする感じがしなくなったんで抜けたかと思いました。
メグさんがぐったりしたんでそのまま寝かせてつながったままぼくが上になって動きましたが、なんかメグさんの体の中が溶けちゃったっていうかなんの抵抗もなくなってあせりました。
必死で動くのを止めようとするようにメグさんはぼくをきつく抱きしめていました。
ほんとうにいくら動いてもこする感じがしてこないんでまるでチンチンがとれたみたいな不思議な感じがしました。

今までに何回もセックスしてるのにこんな感じは初めてでした。
怖くなってチンチンを抜こうとしましたがメグさんがお尻を抱きかかえてぬけないようにしてたんであきらめたとき、メグさんの体の中に固さが戻ってきたみたいでこする感触がしてきて一気に気持ちよくなってドクドク精子を出しました。
ドクドクの快感は強かったけど昨日出してるんでそんなに出てないと思いましたがコンドームつけてなかったんで実際どれくらい出たかわかりません。

一度目のセックスが終わってシャワーしてるときに

「メグさんの体の中が溶けたみたくなっていくら動いても精子を出せないで困った頷」

って言ったら、そんときメグさんも気持ちよすぎて意識が遠のいてたそうです。
男は気持ちよくなるとチンチンが固くなるのに、女は反対にやらかくなるんでしょうか?
結局、今日はその後2回チンチンを入れさせてもらってドクドクしました。
後の2回ともメグさんは気持ちよさでエビぞりしましたが中が溶けたみたくなることはありませんでした。
今日は不思議な体験をしました。

おとついは、朝からチンチンが固くなっておしっこしても小さくならないでほんと困りました。

父母が今日、父の単身赴任先に行ったあと一人だったんでオナニーしようと思ったんですけど、あまりにむしむしして暑かったんで、部屋にクーラーかけてシャワー浴びてたら今日はいないはずのメグさんがいて、

「いっしょに浴びよお。」

って裸で入ってきたんですけど、チンチンが固くならなかった。
で、メグさんが

「今日はおとなしいじゃん。」

とか、

「また一人で出しちゃったんでしょ。」

とか言いましたが、シャワー出しながら抱きしめられたのにチンチンは固くならなかったんで、メグさんはぼくにからのバスタブに横になるように言った。
そのとおりにするとメグさんはシャワーをはずしてぼくにかけながらバスタブの外にしゃがむと片手でぼくのチンチンを上向きにしておさえるとそこにシャワーをあてられました。

ちょっとくすぐったい感じがしましたがはじめのうちはどーってことないかんじだった。
でも、シャワーをチンチンから遠ざけたり近づけたりされてるうちに気持ちよくなってきてチンチンが一気におおきくなったんでメグさんに

「入れたい。」

って言ったら、

「シャワーをこうやって当ててて精子出すのをガマンできたらセックスOK。」

っていうんでチンチンをこすられなければドクドクこないから精子でなくて絶対セックスできるって思った。

ところがなんとシャワーを近づけたり遠ざけたりされてるうちになんかすっごい気持ちよくなってドクドク来そうになったんで肛門に力入れてドクドクをガマンしようとしたんですけど、かえって気持ちよさが強くなってガマンの限界を超えてドクドクがはじまって精子が飛び出しちゃった。
ぼくはチンチンをメグさんの方に突き出すようにのけぞって出しました。
シャワー当てられただけでチンチンが根本からドクドクして精子出るなんて・・・。
メグさんが、

「あーあ出しちゃった、セックスおあずけね。」

って言われてがっくしきましたけど、すっごい気持ちいかったんでそれでもいいかなって気になってたら、精子が出きるようにメグさんにチンチンを根本からしごかれた。

でもチンチンが小さくなんなかったんでメグさんもバスタブの中に入ってきてぼくのチンチンを手で支えるようにしてメグさんの穴に入れてくれたんでセックスになりました。

メグさんは両手をバスのふちにつっぱるみたくして体をふねをこぐみたく動かした。
メグさんの声がなんかすっごいエッチっぽくなって、ぼくもまたドクドクきそうになったんでメグさんに

「出そう。」

って言った。
そしたら

「出してもいいわよ。」

ってエッチっぽくいうんでぼくはメグさんの胴体に抱きついて体をばたばたさせてだしました。
そのときメグさんも

「おおぉぉぉ!!」

って声だしてエビぞったあとぐったししたんでシャワーにそのままあたった。
しばらくして二人とも意識がはっきりしてきてお互いにシャワー流しあい、からだをふきあいました。
そのとき、さっきはすごかったねって話しました。

裸のまま台所に行って二人でジュースを口移しで飲ませあって、飲んだあとメグさんがぼくをじっと見つめるのでぼくも見つめたらそのまま抱きしめられキスされ舌を入れられたらチンチンがおおきくなったんで、リビングの床にメグさんが寝て足をぼくの肩にのせるかたちでチンチンを入れたり四つんばいになったメグさんの後ろから入れたりシックスナインになってなめあったりして、気がついたら夜になってました。

結局今日はセックスもふくめて5回ドクドクの快感をあじわいました。
チンチンをこすらなくてもシャワーあてられるだけでドクドクして精子が出るのは初体験だったし、よかった。
それにしてもセックスってあきない。
毎日でもしたい。
日曜日もメグさんとセックスしようってやくそくしました。
興奮で寝れません。

あれだけセックスしたのにここにカキコしてたらまたチンチンが大きくなって先っぽからガマン汁がにじんでます。
今からでもメグさんのへやにいってセックスできる条件が揃ってるんですけど、昼間のセックスのほうが興奮するんで今は我慢します。

明日から夏休みです。
メグさんはもうとっくに夏休みですが、8月から女子大の友だちと海外旅行にいくので実家に帰らずうちにいるそうです!!
ということは、ママのいない日の昼間は、セックスできるってこと。
考えただけでチンチンが固くなります。
明日もママは仕事だしきっとセックスできる。

セックスの快感を知って4ヶ月。
頭の中はセックスのことばっかしですけど、オナニーにはまったころみたく成績ががたおちすることもなくってかえって成績は上がった。
精神的ゆとりっていうのかな。まわりの友だちがセックスしたがってるのを感じるとなんか優越感です。
8月になるとメグさんがでかけてしまうので身近にセックスあいてがいなくなってちょっとガマンしなきゃなんないけど、我慢します。

メグさんの田舎の旅館は大きいお風呂はなくて家族風呂みたいのが2カ所しかないんで、みんな道をわたってとなりの大浴場のあるホテルにいきます。
帰る前の日パパとママはお酒を飲み過ぎて早く寝ました。
ぼくはまだ眠くなかったんで玄関の広間でテレビを見てたら、ゆかた姿でメグさんが来ました。
柱のかどから手でおいでおいでしたんで布団部屋でセックスするんだと思いました。
細い廊下を歩いてるときチンチンが大きくなりパンツを押し上げたんでメグさんはすぐわかりました。

「もう大きくしてるの?」

って聞かれて完全に興奮してチンチンがそっくりかえりました。
いつもの布団部屋のところに来たんで戸をあけようと立ち止まるとメグさんは首をよこにふってさらに奥へって指をさしました。
廊下のつきあたりから外に出たんで

「外でセックスすると蚊にさされるよ。」

って言ったらいきなりキスされました。
ここでセックスするんだって思ったんでメグさんのゆかたに手をいれていつもみたくパンティーをさげようとしたら、チンチンをやさしくにぎられ

「お風呂でしよう。」

って言った。
それで離れたところの古そうな建物に行ったらそこがお風呂場でした。

メグさんはドアのカギをかけるとぼくのゆかたを脱がしました。
ぼくもメグさんのゆかたを脱がしてからしゃがんでパンティーを脱がそうとしました。
うす暗かったけど小さめのパンティーから毛がはみでてるのがはっきしみえたり割れ目がちょっとぬれた感じになってたんでみとれました。

「はやく脱がして。」

っていわれたんで脱がそうとしたら脚をぴったしくっつけて脱がせにくくしたりしたんで早くセックスしたいって思いました。
メグさんがすっぱだかになってからぼくのパンツを脱がせました。
メグさんはビンビンになってるチンチンを手でこすってくれたからコンドームをクルクルってかぶせました。
メグさんと立ったままキスしてあそこをさわりました。
メグさんのあそこがヌルヌルしてきたんで立ったまま入れようとしたら

「お風呂の中でしよう。」

って言ったんでそこのお風呂はけっこう大きく二人で入っても余裕でした。
ちょっとぬるすぎのお風呂でしたが抱き合いました。

ぼくが下になったときメグさんがチンチンをにぎにぎして完全に固くさせられました。
そしてしらないうちにメグさんのあそこにチンチンがはまって、メグさんがふねをこぐみたく動きお風呂にお湯がばしゃばしゃあふれました。
ぼくも下から突き上げるように動きました。

だんだん気持ちよくなってきたんでいつでも精子をだせそうになってきたんでメグさんに抱きつき一気に動いてドクドクしようとしたときメグさんが首をのけぞってぐったりした。
そのときメグさんのあそこがいつかみたく溶けた感じになってぼくのチンチンがとれちゃったみたいな変な気持ちになってドクドクして精子を出したいのに刺激がなくて出せないって感じになりました。
しばらくそんな感じが続いてメグさんがぎゅうって抱きついてきたときまたメグさんの中が固くなって出せるじょおたいになってよかった。
ママが起きてきたんで続きはまたカキコします。

Home > 従姉妹・従兄弟 > 女子大生の従姉

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top