Home > 職場・社内 > カメラマンのチ◯チ◯

カメラマンのチ◯チ◯

オレはカメラマンをしている。

仕事の中で、小学校の卒業アルバムがある。
学年四十人程度の小さな学校で、担当してから五年になる。

毎年の事だが、女の子の方がマセていて、ちょこちょこ寄ってくる。
男の子の方はオレの体がイカついのと、無愛想な性格のせいで興味はあるが少し怖い存在らしい。
オレはガキは嫌いだけど、つかず離れずそれなりに、いい仕事をさせてもらっている。
やっぱり、一年間ずっと一緒にいると、一人一人の性格が分かってくる。

今年の六年生の話。
やたらと発育のいい女の子四・五人のグループがクラスを仕切ってる。
六年生ともなると、性的なことに関心を持つのは仕方がないが、その女の子グループの中で、覚えたばかりのエロいことを口にするのが流行った。
例えば、体の小さい男の子に、

「オメー、ホーケーだからドンくさいだよ。」
「ドーテーのくせに、何言ってんの?」

とか。
リーダー格の男の子がかばってるんだけど、どうしても口では女の子にかなわない。
ちと、目にあまってきたけど、オレが先生たちにチクるのもおかしな話だし、どーでもいい事なのでしばらくはシカトしてた。

そのうち、オレに対しても

「エッチって気持ちいいの?」
「ウチら撮ってて、勃ったりする?」

言っておくが、このグループは今まででもチョッとおかしい。
完全にシカトしてた。
すると、舌打ちしながら

「シカトかよ。」
「何様?」

とか言ってくる。
かなりムカついてたが、無視!

ある日、リーダー格の女の子が、

「ねぇ、カメラマンってさ、体が大きいとやっぱりあそこも大きいの?」

って聞いてきた。
ウザってー!
その女の子の目を見つめ、本気の口調で言ってみる。

「あぁ、オレのはデッカイよ。ギャラクティカマグナムだからな。」

ポカ~ん。
ハッとなって、急に走り去った。
あれ以来、女の子たちの暴言は少なくともオレの前から消えた。

リンかけは、偉大だ。

Home > 職場・社内 > カメラマンのチ◯チ◯

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top