Home > 恋人・嫁 > 性的感覚に障害を持つ妻を持つと言う事 その2

性的感覚に障害を持つ妻を持つと言う事 その2

性的感覚に障害を持つ妻を持つと言う事 その1続き

子供が1歳になった時です。

もう一人で歩く様になった息子は、とにかく目が離せませんでした。
その日、友人の田中が家に遊びに来ていて、一緒に酒を飲んでいました。
夜21時を回り、子供も眠くなったので妻が風呂に入れると言うんです。

「あなた、ユウ(息子)と先に風呂に入るね。」
「ん~どうぞ・・・。」

息子の手を引きながら妻は風呂に向かいました。

「ユウちゃん大きくなったなぁ!もう1歳過ぎたんだもんな。」
「歩く様になってから目が離せないよ。」
「ユウちゃん元気だからなぁ・・・しかし、お前が羨ましいよ。」
「何だよ急に・・・。」
「奥さん綺麗だし、子供も居て幸せそうだし・・・。」
「お前も早く、いい彼女探せよ!」
「そうだな。」

田中はいい奴なんですが、押しが弱く中々良い女性に恵まれないんです。
酒も進み、野球中継を2人で見ながらワイワイ騒いでいると

「ユウ、待ってこれ着て・・・。」

妻の声が聞えて間もなく、ユウがニコニコしながら裸で走って来たんです。

「ちょっと・・・ユウったら・・・もう。」

そう言いながら脱衣場から追いかけて来た妻に愕然としました。
妻は子供と自分の服を持ち、全裸姿だったんです。

「お前!」
「ユウが服着てくれないんだもん・・・。」

田中は口を開けたまま、妻の姿に見とれていました。

「あ・・・・ごめん。」
「いいよ!お前なぁ・・・田中居るんだからタオル位巻けよ。」
「ん~待って、ユウに着せたら直ぐにタオル巻くから・・・。」

田中に背中を向けているのが救いだが、立って前かがみになる度に股の間にアナルとマンコが見えている状態だった。
そんな姿に、私の股間も反応を示しムクムクと大きくなるのを必死に堪えていた。
田中もチラチラと妻の陰部を見ている様子で、顔を赤らめながら息を荒らし、股間を大きくしているが分かった。

「やっと着てくれたわ。」

そう言うと、ようやくタオルを体に巻きソファーに座るとユウの歯を磨き始めた。
タオルを巻いたとは言え、胸の谷間が色っぽい。
しかもタオルの丈が短く、太腿の半分位まで露出して居る状態で中には何も履いていないのだ。
向側に座る田中の位置からは妻の股間が見えている様にも思えた。
ユウの歯磨きが終わり口をゆすがせると、ユウは妻に抱かれ眠りについた。
妻にもビールを渡し、一緒に飲み始めた。
酒があまり強くない妻は、子供を抱いたまま横になるとウトウトと眠りについてしまった。

「何だ・・寝たのか?ベットに連れて行かないと・・・その前にトイレ行って来るよ。」

そう言うと、私はトイレに向かいました。
トイレから出てリビングに戻ろうとした時、私は足が止まりました。
妻が足を九の字に曲げ、子供を抱きながら横になっていたんですが、田中が妻のお尻に顔を近づけてアソコを見ている姿が見えたんです。
タオルは捲れ上がり、下半身のほとんどが丸出し状態でした。
しかも足を折り曲げているので、マンコはすっかり見えるんでしょう。

余りの光景に、驚きもありましたが、田中の行為に興奮してしまったんです。
田中は、こっちを確認すると(私に気づいていません)、妻のマンコに指を這わせたんです。
無感症の妻は、全く反応する事は無く田中の行為はエスカレートしていったんです。
田中は、顔をマンコに近づけ匂いを嗅ぐと、遂に舌を出し舐め出したんです。
そんな時、ユウが

「ん~あぁぁぁぁ。」

と愚図ると、田中は慌てて反対側のソファーに戻ったんです。
私も直ぐにリビングに戻ると、子供を抱きかかえたんです。

「先に子供をベットに運んでくるよ。」

そう言って、妻と田中を残し2階の寝室に向かいました。
子供をベットに寝かせ、そうっと階段を下りると、田中が妻のマンコに顔を埋めていたんです。
軽く音を立てると田中は、慌てる様にソファーに座っていました。

「田中!メグを運ぶの手伝ってくれよ。」
「あ~いいよ。」

そう言って、妻を田中と一緒に抱きかかえると、そのまま階段に向かいました。
階段前で、田中に"俺がおんぶするから、ちょっと押えててくれ"と言い、私は妻の前に異動したんです。
その際、妻のタオルも取れて下に落ちましたが、私は裸の妻をおんぶしたんです。

「田中、タオル拾ってくれ。」
「あ~。」

そのまま、私は階段を昇ったんですが、直ぐ後ろの田中には、妻の広げられたお尻とマンコが露わになっている事は言うまでもありません。
実はこの時、田中が妻のマンコに指を入れるのが見えていたんです。
寝室のベットに妻を寝かせると、私と田中は1階に戻りました。

「凄い所、見せっちゃったな・・・内緒に頼むよ。」
「もちろん誰にも言わないけど・・・俺も良い物見せて貰って・・・。」
「メグさぁ、無防備で困っちゃうよ・・・。」
「でも、子供優先で良い奥さんじゃないか!」
「まぁそうなんだけど・・・。」
「しかし、本当に羨ましいよ、メグちゃん凄いスタイルも良いから驚いちゃったよ。」
「そうか?全部見えっちゃった?」
「悪いなぁ・・・全て見させて貰ったよ!生はやっぱいいよ。」
「恥ずかしいなぁ・・・内緒だぞ。」
「分かってるって・・・。」

田中は満足げな顔で、酒を数杯飲むと家路に着いた。
私は、寝室に向かうとベットの上で全裸で寝る妻を見ながら、田中に舐められている姿を思い出しまた股間を熱くしていました。

Home > 恋人・嫁 > 性的感覚に障害を持つ妻を持つと言う事 その2

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top