Home > 恋人・嫁 > 性的感覚に障害を持つ妻を持つと言う事 その1

性的感覚に障害を持つ妻を持つと言う事 その1

私の妻(30歳)は性的障害者です。
妻が障害を持っている事を知ったのは5年程前の事になります。
友人を通して知り合った妻は、可愛らしくスタイルも抜群で、私が一目惚れした感じです。
1年程付き合って、私から結婚を申し込みました。
まぁ、妻の両親とも何度か会っていた事もあり、難なく了承されると思っていました。
ところが、妻の母が

「ちょっと考えさせて。」

と言うのです。
正直、驚きました。
妻の母が一番祝福してくれると思っていたんですが・・・。

数日経って、妻の両親から呼び出され家に向かいました。
妻の実家に入ると、両親だけが居て妻の姿はありません。
すると義母が話を切り出したんです。

「結婚の話だけど、本当は嬉しかったのよ。ジュン君(私)も素敵な人だし、何にも問題は無いのよ。問題はメグちゃん(妻)にあるの。メグちゃんには障害があるの知ってた?」
「障害?いえ全然!何処に障害が・・・?」
「ん~メグ・・・性的感覚がおかしいと思わない?」

確かにメグと付き合って何度か

(おいおい・・・。)

と言う事はあったんです。

両親は重い口を開き始めました。

メグが小学校の時、裸で遊んでいる姿を近所の人が見つけた事から始まったそうです。
メグに聞くと、知らないおじちゃんが遊ぼうって言うから一緒に遊んでいたら裸にされ、

「気持ち良くしてあげるね。」

と言い色々な道具をマンコに入れて来たんだと言います。
メグは処女を奪われながらも気持ち良くなって男に弄ばれていた様です。
男はチンポを咥えさせ、メグの口の中に・・・・。

そんな時、人気に気づいた男がメグを放置し逃げ去ったのです。
近所の奥さんが現れなかったらメグは・・・その時は、両親も変出者の悪戯と思っていたそうです。

その後、メグはその男に目を付けられ公園や河原の人気が無い場所で、何度か男の精液を口の中に・・・。
口の周りに精液を付けて帰って来た事で、母親が気づき警察に連絡したんですが、男の行方は分からなかったそうです。
メグの行動に異変を感じた母が病院へ連れて行き、精神障害と診断されたんです。

症状は特に性的感情に異常があり、裸でも恥ずかしいとか、エッチな事をされても無感症な所があると言うんです。

「胸や股間を知らない人に見せたり、触らせる事は駄目なのよ!」

と言っても本人は何故駄目なのか理解出来ないようなんです。
その他は普通の女性と変わりません。
娘を守る為、両親は時間がある時はメグの行動を見守ったと母親が涙ながらに話てくれました。
それでも、共働きの両親が一日中付き添うことは出来ません。
メグは中学になってからもパンチラも多く、数人の男性にストーカー的行為を繰り返されたんでしょう。
そして、あの中年男性もホトボリが冷めた頃に、またメグに近づき性的行為を数回繰り返した事も両親は話してくれました。

全てを話した両親を見つめ、私は

「これからは私がメグを守ります!いや守らせてください。」

と言うと母親は、号泣したんです。
そうして、私はメグと結婚する事が出来ました。(私25歳・メグ21歳)

メグも大人になった事と、両親の口うるさく

「裸を曝け出さない・他人とエッチはしない。」

と言われ気を付ける様になっていましたが、服装は今どきで、露出も多くパンチラ姿は日常です。
話しに夢中になったり、酒を飲んだ時は特に股が緩み、全開でパンチラ姿を曝け出しています。
1年が過ぎた頃、私達に待望の子供が出来ました。わんぱくな男の子です。
メグは、子供が出来ると直ぐに会社を辞め専業主婦になりました。
まぁ、私の稼ぎでも何とか出来たので、暫くはメグには主婦に専念して貰う事にしたんです。
子供も1ヵ月を過ぎた時、私の友人数人が家に出産祝いを持って来てくれました。
リビングに座り、お茶を出しながら息子を見せると

「良かったですね!一緒に野球何か出来るの楽しみですね。」

何て話をしていると、子供が愚図り始めたんです。

「お腹空いたのかなぁ?」

と言いメグが友人達の目の前で授乳を始めたんです。
上着を捲り上げ、ブラも両方持ち上げるとDカップに成長した胸を惜しみなく披露してしまいました。
友人達も目を点にしながらも、じっくり見ていたんです。

「メグ!友人達がいる所で授乳はNGでしょ。」
「そうだった!じゃ、向うに行くね。」
「ん~もういいよ。子供も吸っている所だし・・・今度は気をつけて。」
「分かった。」

全く警戒心の無い妻の授乳シーン!
それを見つめる友人達!
私はこんな光景に、股間が熱くなるのを感じ、イケない事と知りながら内心興奮していたんです。
メグの病気の話を聞いてから、メグの恥姿に今まで感じた事のない異常な興奮を感じる様になっていたんです。
もちろん、本人に罪悪感や見せつけと言う感情は全くなく、素の行動だから尚、興奮するんだと思います。

「はい!終ね。」

そう言って、胸を口から離すと乳首の先から乳が垂れ落ちる姿をジッと見つめる友人。

「乳って美味しいのかなぁ?飲んだことあります?」
「ある訳無いだろ・・・。」
「そうですよね?」
「あら!田中さん、飲んでみる?」
「えっ・・・?」

妻の悪びれた様子も無いストレートな言葉に、一瞬凍りつく友人達。

「馬鹿だな!飲む訳ないだろ!なぁ?」
「えっ・・・え~まぁ~。」
「そうなの?味見したんだと思っちゃった。」
「ごめんなぁ!あいつ悪ふざけする事あるから・・・。」

何とかその場を誤魔化し、友人達は帰って行ったんです。
妻の

「飲んでみる?」

と言う言葉が頭から離れないまま、

(飲ませていたら・・・あいつがチュパチュパ吸っている。)

そんな事を考えてしまっている私がいました。

性的感覚に障害を持つ妻を持つと言う事 その2に続く

Home > 恋人・嫁 > 性的感覚に障害を持つ妻を持つと言う事 その1

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top