Home > 人妻 > 妻の貸し出し

妻の貸し出し

  • Posted by: moe
  • 2012年12月21日 09:06
  • 人妻

私は現在43歳、妻・香織は32歳で結婚7年目になります。
子供はありません。
社内結婚だったのですが、妻は身長が154cmしかなく体重も48kg程度、童顔で胸もBカップのどちらかというと幼児体型で11も歳の離れた結婚だったため、当初は「犯罪だ」「ロリコンだ」と同僚達から良く言われたものです。

新婚時はそれこそ毎晩のように交わっていたのですが30代後半辺りから精力減退が始まり勃起不全や、勃起しても中折れしたりあっと言う間に漏らしたりといった状態になり、当然頻度も週一回から下手をすると月一回と減って行きました。
妻は女盛りを迎えているというのにです。
勃起できぬまま終わり、寝静まった後に同じ布団の中で妻がオナニーしているのに気付いた時の悲しさは例えようもありません。

きっかけは妻の初体験の話でした。
初めは嫌がっていましたが遂に話してくれたのは、高校1年の時に部活の先輩の部屋で半ば無理矢理に犯され、滅茶苦茶に突かれて出血したというもので、この話に私は激しく勃起し、久しぶりに妻を激しく責めたのでした。
そんな事もあって妻も他の男との体験談に私が興奮することを知り始め、だんだんと昔の性体験を告白してくれるようになりました。

その中で私が最も興奮したのが、妻が短大の時に交際していたというJ君という巨根との体験談でした。
今までで一番ペニスの大きかった相手を聞いたのですが、このJ君との行為が一番辛く、奥が痛くなったりしたようです。
大きさを尋ねると

「分かんないけど、16cmあるって自慢してた。」

とのこと。
妻は

「痛いだけで全然気持ちよくなかった。」

とは言うのですが、私はこの話に大興奮しました。
私のは小さいんです。
勃起しても長さが10.5cm、幅が3cmほどしかありません。
しかも仮性包茎。
童顔で清純そうに見える妻が私の1.5倍もあるモノを知っていた事実は、ショックと同時に妻が巨大なペニスに貫かれている所を見たいという欲求に変わって行きました。

そして妻に求めれてもまた勃起しなかったある日、頼んでみたのです。

「香織が若い男に責められている所を見たい。」

と。
返事は当然

「イヤ。何考えてんの?」

とにべもない物でしたが、その後何度も頼んでいるうちに態度が軟化し、

「嫌よそんな。変態なの?」

から

「そんな全然知らない人となんて・・・どんな人なの?」
「じゃあ一度だけ・・・。」

という所までこぎ着けたのです(この間半年)。

喜び勇んで某インターネット掲示板に男性募集をかけました。
妻には良い男がいると話してはいたものの心当たりがある訳ではなかったのです。
更に妻には若く精力が強い男、とは言っていましたが私の見たいものはそれとは違います。
募集にはPサイズが16cm以上の方、プロフにP写真と顔写真添付のことと書き込みました。

反響はもの凄いものがありました。
妻の可愛らしさが良く出た写真を添えたのが良かったのか、数百通のメールを頂きました。
が、巨根の人って少ないんですね。
16cm台の人が4人に17cmの方が1人、17.5cmの方が1人、19cmの方が1人でした。

「○○cmですがダメですか?」

といった申し出がとても多かったのですが、妻は16cmまでは経験があり今回それよりも大きなモノが希望という事にしてお断りさせて頂きました。

残った方の中ではやはり19cmの方の写真は素晴らしく長く、こんなので犯されたら妻はどうなってしまうのかというほどの名刀でしたが、残念ながら年齢が私よりも上。
妻に若い男と言って説得した関係上、土壇場で妻が拒否してしまうと思われたため泣く泣く断念しました。

そして、17cm台の2方から選ぶしかないかと思い掲示板での募集を削除しようとしていた間際に今回投稿のS君からのメールがやって来たのです。

隣県の25歳の若者で176cmの長身、痩せ形ながら鍛え込んだ体、Pサイズは何と23cmとありました。
送られてきたP画像は横からものでしたが、ほぼ180度に勃起したペニスの先端は臍を超えている凄まじさでした。
今の若い世代にはこれほどの巨根もいるのですね。

私の中ではほぼ即決でしたが、何度か彼とメールを交換した後、実際に彼と会うことにしました。
何しろ最初で最後のチャンスですから慎重に進めなければなりません。

妻に彼のプロフィールを知らせたところ、悪くない反応でしたし実際に会う事でメールに嘘が無い事や変な人間でないことを確認しようと思ったのです。

某所の日帰り入浴可能な温泉施設のあるホテルのロビーで待ち合わせしました。
喫茶店で1時間ほど彼の仕事の話や大学では陸上競技をやっていたという話を聞きましたが、ソフトな人当たりの印象の良い若者でした。
これなら妻も文句無いだろうと思いました。
妻よりも5つも若いし。

その後、温泉施設に誘いました。彼の男のモノも確認するためです。
P写真はもらっていましたが、余りのサイズに贋作である可能性も疑っていたのです。

早い時間だったせいか温泉はすいており、更衣室でさっさと服を脱いで彼の脱衣の様子を観察しました。
ブリーフを脱いだら更にブリーフを穿いていたのにも驚かされましたが、それを脱いだら何か巨大なモノがボロンとこぼれたのが見えました。

彼はすぐタオルで股間を隠してしまいましたが、

「どうせこれから裸の付き合いになるから隠さずにいきましょう。」

と水を向けたところ、

「そうですね。」

を前を晒してくれました。
巨大でした。
だらりと下に垂れていましたが13~14cmくらいはありそうな露茎。
思わず息を呑みました。

ゆっくりと風呂につかった後、人が居なくなるのを見計らってサウナ室に誘い色々と会話。
2重パンツの正体はスポーツショーツというもので、股間の膨らみを隠すために穿いているとのこと。
高校時代の部活中に、短パンの横からあの長大なモノがデロンと出て来てしまい大恥をかいたことがあるそうで、それ以来日常生活でも穿いているそうです。

その後、

「ちょっと勃起させてみて。」

と頼んだところ

「ここでですか?」

と驚いたようでしたが、確認だから、と言うとサウナ入口からの死角の場所でしごいて見せてくれました。
写真の完全勃起には遠い感じで90度ほどの勃ち方でしたが、20cmは軽く超えていそうな長さ。
しかしむしろ現物で驚かされたのはその太さでした。
缶コーヒーほどはあるでしょうか。

写真では長さにばかり目を奪われてましたが、実際に目にすると私の倍以上もありそうなその太さ、特に大きくエラの張った巨大な亀頭に圧倒されました。
巨根どころか超巨根の部類でしょう。
これは。

こんなのを挿入れたら妻は壊れるだろうか。
それとも快感に狂うだろうかを心臓が高鳴ったのを覚えています。

「このくらいでいいですか?」

と声を掛けられ、我に返りました。

「は、はい、もういいです。」

と答えた私の声はかすれていたと思います。
その後、彼のモノが落ち着くのを待ちつつ長話をしたのですが、

「そんなに巨大だったら入る女はいるの?」

と尋ねたところ、彼がプライベートで付合った女性の12人中8人は完全結合できたとのこと。
むしろ風俗店などの方が断られる率が高いとのこと。
彼も中学・高校の時にはサイズが災いして初体験に失敗し続け、大学に入ってから同じ町の巨根好きのホテヘル嬢に筆下ししてもらったこと、このホテヘル嬢との付き合いでsexを仕込まれ、お陰で他のプライベートの女性にも巧く挿入できるようになったと言うことでした。

もっとも、膣が浅い女性はどうやっても無理なので入るところまでしか入れないそうですが。
どうやら巨大性器の扱いにも慣れているようで安心できました。
ただ余りのサイズだったため、

○妻が嫌がる事はしない。
○妻が痛がったらそれ以上挿入しない。
○ネット掲示板のことは妻には秘密にし、仕事上で知り合ったことにする。
○ゴムは多少揉めましたが無しで合意(まああのサイズでは無理でしょう)。妻にはピルを飲ませて対応する。ただし性病検査を受け結果を持参すること。

を約束させ、次回は妻を同伴して会う日程を相談して別れました。

その夜は私から妻を求めました。
妻の無毛の(私の趣味で剃っています)割れ目に舌を這わせながら、この可憐な性器が、あの化け物のような男根に蹂躙されるのかと思うと激しく勃起し、妻が

「どうしたの?今日は。」

と驚いたほどでした。

その後、機会を見て、彼と会った際に携帯で撮っておいた写真を妻に見せました。
まんざらでも無いようです。
もう覚悟していたのか、それともやはり若い男のsexに期待していたのか、妻の目に喜びの色が浮かんだように見えました。

S君と会う日程を伝え、中止していたピルを再開させました。
仕事上の都合もあり以前は避妊していたのですが、最近は止めていたものです。
やや子供を希望していた面もあったのですが、結局妊娠はしませんでした。
私ではなかなか妊娠しない妻ですが、S君のアレならあっという間に孕まされるのではないかと恐れたのです。

そして当日の朝、一緒に入浴して妻の体を磨き上げ、股間に生えはじめていた毛も私自ら毛抜きと剃刀と脱毛剤を駆使してつるつるに仕上げてやりました。
これならS君も喜んでくれるでしょう。
結合部分が見やすいように、という下心を妻に見透かされないようにするための方便でしたが。

妻の化粧もなかなか気合いが入っており、久しぶりの外行きの服を着た妻は輝いて見えました。
やはり彼が気に入ったのかなと少し心がざわめくと共に、私も興奮してきました。

待ち合わせはT市のシティホテル。我々夫婦が宿泊する部屋にS君に来てもらう形を取りました。
自宅から100kmも離れているので大丈夫とは思ったのですが、知人に見られる可能性を極力減らしたかったのと、いかにもなラブホテルは妻が嫌がるのが見に見えてたので。

さすがに緊張してきたのかホテルに入るころには身を固くしていた妻ですが、部屋に入ると少し落ち着いたようです。

「あら、いい部屋。」
「事前調査はバッチリだからね。」

と言うとキングサイズのベッドが2つ入っているのが引っかかったのか、

「何でこの部屋にしたの?」

と聞いて来ました。
ある可能性を考えてのことでしたが、

「いや、この部屋壁が厚いんだよ。音は漏れないよ。」

とはぐらかすと

「いやぁ~ん。何それ。」

と甘えてくるのでした。
が、不意に私の目を見つめると、

「本当にいいの?」
「うん、変な感じだけど他の男で乱れる香織が見たい。」

妻が唇を合わせて来ました。

「あなたの為にするんだからね。」

念押ししたようでした。
私は笑って、口紅が落ちたかもしれないから直しなさい、と返しました。
待ち合わせの時間は、もうすぐでした。

携帯が鳴りました。
S君からです。
妻の体がビクッと震えたのが分かりました。
電話で部屋番号を伝えます。

「すぐ来るようだ。大丈夫、優しい男だよ。」

と妻に声を掛けました。
S君が来ました。
前回はスーツでしたが今回はジャケット。
ソフトな印象を与えるよう配慮してくれたのが分かりました。

挨拶を交わします。

「旦那さんには何時もお世話になってます。」

などと白々しいことを言っています。
まあ、事前の打ち合わせ通りですが。

「奇麗な奥さんですねー。自慢したくなるのもわかるなぁ。」

と言われ、妻が私の後ろに隠れてしまいました。
悪くない反応です。
病気の検査証も確認。

「そういうお付き合いになるから、一応ね。」

と妻にも伝えました。
夕食にはまだ早い時間でしたが、ルームサービスを用意していたので顔合わせついでに乾杯。
妻はよく映画を借りてきて見ているのですが、彼も好きなようで(といってもコメディ専門のようでしたが)共通の役者の話題で話がはずんでいるようでした。
というより、妻の映画の話だけでなく私の趣味の釣りや山の話題にも易々とついてくる彼の知識の広さには舌を巻きました。

良い感じに打ち解けてきたようなので、

「じゃあ私はちょっと出るから、後は二人で。」

(俺はお見合いの仲人か^^;と思いながら)などと小芝居を打ち部屋を出ました。
後は彼の手腕に期待するのみです。

ホテルの喫茶店で時を待ちました。
2杯目のコーヒーが無くなり、更に待ち、いくら何でも遅いんじゃないか、大丈夫か、と思いはじめた頃S君から電話が入りました。

「奥さん、今シャワーに入ってます。あと10分くらいで始められると思います。」

事前に頼んであった連絡ですが、随分話し込んだなーと思いながら更に待ちました。

いや、待ちきれなかったようです。
音を立てないように鍵を開けこっそり部屋に入りましたが、まだシャワー室から音が出ています。
しまったと思いました。
妻が出てくるようです。
とっさに扉の陰になる場所に隠れました。
注文通り部屋を明るめにしてくれていたのが仇になったかと思いましたが、幸い気付かれなかったようです。
妻が乱れてから現れる予定だったのが、暫くは忍者のように隠れることになりましたが、お陰で一部始終を覗くことが出来ました。

話し声が聞こえます。
やがて声がどんどん小さくなり、んっと鼻を鳴らす音だけになりました。
キスしているようです。
やがてドサ、とベッドに倒れ込む音。
始まったと思いましたが

「あん。ちょっと待って。」

と声がして中断。
静かになってしまいました。
待ちきれなくなり、この時点で目だけ出して部屋を覗くと行儀よく布団をかけたまま二人が抱き合っています。
気付かれてはまずいとまた隠れました。

また待ちきれなくなり覗いても、そのまま。まだキスしています。
20分も経つ頃、ようやく

「バスタオル取って。」
「いやぁん。」
「かわいいおっぱい。」
「いやん。小さいでしょ、あっ・・。」

と妻の小さな喘ぎ声が聞こえはじめました。
覗いてみるとまだ布団の中で抱き合ったままでしたが、妻は体中を彼に愛撫されているのでしょう。

心臓が高鳴ってくるのがわかりました。
覗き趣味とか出歯亀というのはこういう気分なのでしょうか。
しかも喘いでいるのは自分の妻なのです。
突然

「あれっ?」

という声が聞こえました。

「剃ってるの?」
「あの人の趣味で・・・。」
「そりゃあ・・旦那さんとは話が合いそうですね。」
「バカぁ。」

とうとう彼の愛撫が妻の秘所に届いたようです。
やがてバサッと布団を捲る音。

「身体、凄く奇麗ですよ。」
「あっ、んっ・・・。」

という喘ぎ声。
覗き見ると妻が彼に全てを晒していました。
だんだんと喘ぎ声が大きくなっていきます。

「隠さないで。見たい。」
「いやぁ・・はぁぁっ!」

とひときわ大きな喘ぎ声。
覗くと彼が妻の股座に顔を突込んでいました。
妻はクリが弱いのです。
S君にもすぐに分かったでしょう。
妻はどんどん高まって行きます。
しかし何というスローペースかと思いました。
もう1時間以上経っています。
自分はこんなにスローにできるだろうかと思いました。

そろそろ姿を現しても良いかと迷いましたが、まだ我慢です。
やはり挿入後でしょう。
もうすぐだ、と自分に言い聞かせ覗き見を続けました。

これまでがスローだったせいなのか、S君が巧いのか、妻はあっという間に高みに上り詰めて行きます。
喘ぎ声が激しくなってきました。
開いていた脚がビクッと閉じました。
声は殺していましたが妻がイッた時の動きです。
とうとう他の男に逝かされてしまいました。
がそんな状況に私も完全勃起していました。

いよいよ挿入かと思いましたが、S君クンニをやめません。
両手を使いはじめ、膣口を広げて中まで嘗めているようです。
再び妻が凄い勢いで上り詰めていきました。

「あっ!またっ!」

もう声を殺す事も出来ないようです。
それでも彼の愛撫は止まず、私が分かっただけで妻は4回も絶頂を迎えました。
前儀だけで。
必死に声を押し殺そうとしているせいか、もう泣きじゃくるような声になっています。
もう完全に私の事は忘れて、彼の愛撫に溺れているのでしょうか。

ようやくS君が体勢を変えました。
正常位で妻に覆いかぶさり、長いキスをすると何か小声で囁いたようです。
妻の声もそれまでとは違う

「うっ、んっ・・・。」

と押し殺したような喘ぎに変わりました。
あの怪物で膣口を愛撫しているようです。
それをしながら用意していたローションを使っていたようです。

不意に

「はぁっ!きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

と悲鳴が上がりました。
入ったようです。
S君、妻の上に覆いかぶさり

「大丈夫?痛くない?」
「うん・・平気・・あっ!!でも動かないで!」

暫く動きを止めて抱き合っていたS君ですが、やがて小刻みな動きを始めたようです。

「うぅっ!!ゆっくり・・・んっ!!」

あの化物はどれほどの快感を妻に与えているのでしょう。
堪えきれないような、切ない声だけが漏れてくるようになりました。

もう出て行けると思いました。
が、部屋の中までは入ったものの、なかなか壁際から近づいていくことが出来ませんでした。
はっきり見たいような、見たくないような。自分の中に迷いがあったのでしょうか。

S君の声が聞こえました。

「ああぁーキツい。香織さん、我慢しないで声出していいんだよ。」
妻「だって・・あっ!!」
「うぉー気持ちいいー。」

彼の喘ぎに安心したのか、堰を切ったように妻が声を上げはじめました。

「はぁぁっ!!んっ!!・・優しく・・いっぱいなのぉ・・あっ!!」

みるみる高まっているようです。
声もどんどん大きくなっていきました。

ふらふらとベッドに近づきました。
今更迷っても仕方が無いと自分に言い聞かせて。
妻はもう肩の辺りまで真っ赤に上気していました。
顔も汗だくで化粧が落ちかかっています。
S君、気配に気付いたようです。
妻の脚を大きく広げさせ、身体を少し後ろに反らせて結合部が見やすいようにしてくれました。

凄まじいことになっていました。
まだ亀頭部だけでしたが、妻の小さな割れ目があの化物を呑込んでいました。
大陰唇までもがばっくりと開ききり、大きく開いた割れ目からツンと立ったクリトリスや真っ赤に充血した肉襞が見えてしまっています。
心がざわめくのがわかりました。

後ろからでは良く分かりませんでしたが、S君かなりゆっくりと短いストロークで動かしています。
が、それでも結合部からキシキシと音が聞こえてくるようです。

思わず覗き込んでしまいましたが、それがまずかったようです。
妻も私に気付きました。

「いやあぁぁっ!!!見ないでぇ!!」

悲鳴があがりました。

「何いってんの。素敵だよ。」

と宥めても聞きません。

「いやよぅこんなところ。」

と両手で顔を隠しています。
が、その間もS君は動きをやめません。
ここまで高まると身体はどうにもならないのか、

「嫌、いやあぁ!」

と叫びながらも喘ぎ声を押さえられないようでした。
必死に快感に耐えているのか、首を左右におおきく振りはじめました。
もう声も出ないようです。
逝くのかと思った時、妻の瞳から涙がボロボロと溢れてきました。

S君の動きが止まりました。

「旦那さん、いっぺん下がってもらえますか?」
私「あ、ああ。」
「これじゃ嫌われちゃいそうだ。」

と言います。
私も少しほっとした所があったかもしれません。

いったん先ほどまで隠れていた死角に戻りました。
部屋を出て行ったことを装うため、鍵を開け、カチャリと扉を開閉しました。
クスンクスンと妻が鼻を鳴らす音だけが聞こえていました。
覗き込むと、改めて布団をかけてS君が妻を抱き寄せています。

「大丈夫、もう見られてないよ。」
「本当?」

ようやく泣き止んだようです。

「やっぱり見られたくないの?」
「だって・・会ったばっかりの人とこんなに・・あっ、ああっ!」

愛撫は続いているようです。

「え~。今日は俺、旦那さんの代理のつもりできたんだけど。」
「代理って・・。」
「旦那さんが紹介してくれなかったら一生会えなかったと思うし。」
「そ、そうよねぇ・・・。はぁっ!」

妻はS君の首に腕を回しています。
心まで彼に奪われたのでしゃうか。

「香織さんが本気で感じている所を見たいんだと思うよ。」
「うん・・それは知ってる・・あうぅぅぅっ!」
「今度戻ってきたら見せてあげられる?」
「うん・・・ひっっ!はぁぁぁぁぁぁぁっっ!!」

また悲鳴のような大声が上がりました。
ベッドがキュッキュッと鳴っています。
また挿入したようです。
横たわったまま抱き合った形だったのでまさかとは思ったのですが、あの巨根なら可能なのですね。

身体の方はは高まりきったままだったのか、妻はあっという間に上り詰めて行きます。
S君が布団を蹴り落とし、また正常位に移りました。
妻はもう大声を上げています。

「お願い。あんまり凄くしないで・・ああっ・・こんなにイイなんてっ!」
「んっ・・・。」

もう声も出ないようになり、次いではぁはぁと荒い息だけになりました。
イったようです。

2人が深く抱き合っていました。長いキスをしているようです。
が、すぐに妻が鋭い喘ぎ声を上げ始めました。

「ああぁっ!!またなの!?」

再び妻が大声で喘ぎ始め、私ももう我慢できなくなりました。
見つかりにくいよう、身体を低くしてベッドに近づき、彼の背中の横から覗き込みます。

S君の突きは相変わらずゆっくりしたものでしたが、妻は私も見たことの無いほどsexに夢中になっていました。
最初は顔を両掌で隠していたものの、すぐに耐えきれなくなったのか頭を大きく仰け反らせ身体をくねらせています。

妻の2度目は1分ももたなかったのではないでしょうか。
うわぁぁぁぁっっ!!と叫ぶと動かなくなりました。
が、彼は許してくれません。
少しの間動きを止めてもまたすぐに動き始め、その度に妻はあっという間に達しました。

何度連続してイかされたでしょうか。

「あううっ!!どんどん入ってくるぅっ!!」

妻の叫びを聞いて、あの化物をどこまで受け入れたのか見たくなりました。
彼の背中から合図をおくり、低い体勢のままS君の横あたりまで首を延ばしました。

彼も心得た感じで、妻の脚を上げ身体を少し私側に開いて、結合部を見やすくしてくれました。
もう半分以上入っているでしょうか。
更に良く見ると、彼の臍の下あたりまで大量の白い練乳のような水玉が付いています。
それが妻の愛液だと気付くまで少し時間が掛かりました。
驚いて良く見ると、妻の尻や彼の太腿にも大量の白い液が垂れていました。
私とではこんな色の汁は出したこともありません。

S君、私の顔を確認して願望を察してくれたのか、少し強めに妻の中に突き入れます。

「ひゃああぁぁぁっ!!」

叫び声が上がりました。
ぐりぐりと動かしているようです。

「いやぁぁぁっ!!とどいてるぅっっ!!」

泣きそうな声で叫びます。
大きく妻に覆いかぶさって顔を覗き込むと

「奥、好きなの?」

と。

「わかんなぁい。こんなの初めてなんだもんーー。」

妻が叫ぶように答えます。

「ここが女の子の部分なんでしょ。」

と言いながら、腰を送ります。
性器同士で会話しているようでした。

「うあぁぁぁぁっっ!!」

妻の大声。
またイったのでしょうか。
もうイき続けているのか、そうでないのか、激しすぎてこちらからは分かりません。

妻が腰を突き上げました。
腰だけが高く浮き上がっています。
巨根から逃げようとしているのでしょうか。
もちろん、彼も腰を延ばすので逃げられる訳がありません。
お陰で結合部が丸見えになりました。
もうあの怪物を3分の2近くを受け入れているようでした。

「こんなのはどう?」

と言うと、S君、巨根の余った部分を握って奥を掻き回すようにペニスを回し始めました。

「おわぁぁぁぁぁぁっっ!!!」

この日一番の絶叫があがり、妻がブリッジするように大きく身体を反らせました。
背骨が折れるのではないかと思う程でした。
そのまま一瞬妻の身体が固まったように見えましたが、やがてガクガクと力無くべッドに崩れていきました。

あまりのイき方だったので心配になりましたが、一応彼が突くたびに反応はしています(後で分かりましたが、この時もう失神していたようです)。
ただ、その声は

「おぉぅ、うぉぉぅ。」

を獣のようなものに変わっていました。
女と言うのはこんな風にまでなるのかと驚くばかりでした。

彼がもう大丈夫と言うように、前側に出るように手で合図してきました。
妻の顔を見ましたが、目を閉じたまま獣の声をあげ続けています。
もう私の姿も目に入らないのかと思いました。

妻の無毛の性器が、あの途方もなく巨大なモノをのみ込んでいるのがはっきり見えます。
まだ一握り分ほども余していましたが。
妻の体内を抉り、擦り上げている巨大な亀頭まで見えるような気がしました。
実際、受け入れている部分の下腹がペニスの形に膨れていそうです。

S君が動きを止めました。
どうしたのかと振り向くと、予想外の申し出をされました。

「代わりましょうか?」

と。

エッ?と想像もしたかった言葉にたじろぎました。
彼が

「大変なことになってますよ。」

と指した所を見ると大量の先走りでスラックスの前に大きなシミが出来ていました。
S君が怪物を引き抜きます。
こんなものが妻の中に入っていたのかと目が離せなくなしました。
巨大なモノの半分ほとまで真っ白な愛液に染まっており、特にその先端は巨大な亀頭の段差が見えないほど白汁がまとわりついていました。

「いや、それの後じゃあ・・・。」

と尻込みしていると

「大丈夫ですよ。もうここまで子宮降りてきてるんで。」

と指を突っ込んでみせます。

「おおぉぉっ。」

と妻が反応しています。

「それじゃ風呂に入ってますんで、あとはよろしくどうぞ。」

とバスタオルを抱えてベッドを降りていてしまいました。
服を脱ぎ捨て、妻に挑みかかりました。
確かに、指を入れると第一関節くらいの深さでもコリコリした輪のようなものに触れました。
刺激すると

「おぉぅっ、うぉぉっ。」

を獣の声を上げる妻。
が、もう意識は無いようでした。
身体も完全に力なく、ぐにゃりとした感触です。
これが失神したという状態なのかと思いました。

妻の中に突き入れました。

「うぉぁぁぁっ!」

と反応します。
もうガバガバに緩んでいるのではと思っていたのですが、感触は違いました。
確かに何の抵抗もなく挿入できたのですが、中は柔らかできめの細かいビロードのような肉襞がペニスに絡み付いてくるような感触。
その気持ち良さに激しく突き上げると

「うぉぅ、うぉぉぅ。」

と彼のときと同じ反応をします。

不意に、亀頭に熱湯をかけられたような感覚が来ました。
これは潮吹きという奴なのでしょうか。
分かりませんが、突き続けると何度もその瞬間がやって来ます。
イきっぱなしという状態がこれなのかと思いました。
私はもう有頂天になって突き続けていました。
締まりのいい膣が気持ちいいものと思っていましたが、全く違ったのです。
摩擦の感覚も、ペニスの感覚も無くなり、快感だけが脳天に突き抜けて、あっという間に射精してしまいました。

これが女というものなのかと目が開いた思いでした。
妻はまだ意識が無いようでしたが、私のペニスはまだ勃起したままです。
妻に突き入れると狂ったように突きまくり、また射精してしまいました。
2連射など、新婚以来だったでしょうか。

さすがに満足し、妻を抱いて横になっていると妻の意識が戻りました。
目の前に私がいたので

「ええっ?」

と驚いたようでしたが、途中で交代したと伝えると

「そうなの・・・。」

と俯きます。

「見てたの?」

と尋ねるので

「うん。凄かったぞ香織。」

と言うと

「いやぁぁ!言わないで。」

と胸に顔をうずめてきます。

「ごめんなさい・・あんなに・・・。」

と肩を震わせる妻を抱き寄せると身体がビクンと反応しました。
妻の身体はまだ高まったままのようです。
異常に敏感になっているようでした。
肌を撫でただけでビクビクを反応します。
乳首など嘗めただけで

「はぁっ!」

と喘いで達してしまっていました。
後戯というのも必要で、また楽しいものであると初めて知りました。

妻の体中を愛撫してイかせたり反応を楽しんでいるうちに浴室から音がして来ました。
彼が上がって来るようです。
妻が顔を赤らめて

「何だか恥ずかしいわ・・・。」

と可愛いことを言うので意地悪してやりたくなり

「いいけど、化粧めちゃくちゃになってるよ。」

と言うと

「えーっ!!」

と驚いてベッドから降りようとしましたが、へたへたと座り込んでしまいました。
腰が抜けてたようです。

「なにこれー。」

などと言いながら転がっています。
彼が戻りました。

「今日はどうもありがとうございました。」

と、もう帰るつもりのようです。
服を着始めましたが、裸の夫婦の横で着替えする男というのも変な感じでした。

「奥さん、素晴らしかったです。」

と水を向けられましたが、妻は私の陰から出て来ません。

「香織、ほら。」

と促しても、

「いやぁぁ。顔が・・。」

と言って出て来ません。
彼には全てどころか膣奥まで知られているのに、妙なものですね。

このあとどうするのか訊いたところ、暫くぶらぶらして酒を抜いてから帰るということ。
ちょうど夕食時だったので誘いましたが、

「いやいや、ここからは夫婦の時間でしょう。」

と帰って行きました。
確かに、辞退してくれて良かったかもしれません。
その後、私たちはまた激しく交わったのですから。

一旦はシャワーを浴び食事に出ましたが、部屋に戻って使っていない方のベッドに2人で入るとまた欲情が沸き上がって来ました。
抱き合うと、妻ももう息を荒くしています。

「あなた、ありがとう。」

妻が私の胸に顔を埋めて甘えます。

「今日はよかった?」

と訊くと小さくと頷いたようでした。

「もの凄く感じてたね。」
「やぁん。」
「ごめんね。今まで満足させてなかったね。」

というと

「バカぁ。あんなの私も初めてよぉ。」

と。
思い出したのか、もう目が潤んでいました。

「あれが本当のHなの・・・。」

と呟くように言いました。

「彼のはデカかったろう。」

と訊くと

「うん・・身体割れるかと思ったもん・・。」
「痛くなかった?」
「ちょっと痛いかな・・でも凄く優しくしてくれたから・・。」
「長さも凄かっただろ?」
「いやぁん。そんなの分からないよ。見なかったもの。」
「でも香織が奥好きだったとは。」
「いやぁー。」

言葉だけでも高まって行くようでした。

「なんだか今日一日で少し奇麗になったみたいだな。」
「いやぁん。またそんな。」

これはお世辞ではなく本当にそう思ってのことでした。
実際何歳も若返ったようにも見えたのです。
そして私自身も。

妻を愛おしく思いました。

「うーん良い日だった。あとはS君が出してくれなかったのだけが残念だね。」
「ええっ?イってなかったの?」

妻は驚いたようでした。
しばらくモジモジしていましたが、身体を寄せてくると妻は私を見上げながら、潤んだ目で言いました。

「あのね、私、彼とだったら、またしてもいいわ。」

Home > 人妻 > 妻の貸し出し

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top