Home > 従姉妹・従兄弟 > 従姉妹のみっちゃん その2

従姉妹のみっちゃん その2

従姉妹のみっちゃん その1続き

当時の僕の家は平屋建ての古い家屋で、家と同じくらいの大きさの庭があり、庭の先に2階建ての倉庫がありました。
その倉庫は親の知り合いの持ち物で、知り合いが経営する雑貨・金物店で使っていた商品陳列棚や工具、品出しされずに放置され埃をかぶっている梱包された商品のダンボールが眠るところです。
シャッターの出入り口付近にフォークリフトが置いてあり、割と大きな空間です。
時々鍵がかけられていましたが、僕が引っ越す直前に取り壊されるまでは、僕らの恰好の遊び場でした。
以前触れましたが、そこは小3くらいのころ、友達とぬがしっこをした思い出のある倉庫です。

僕のたくらみは、その倉庫へ彼女を誘い込むことと、その前にもうひとつありました。
古い平屋建てのトイレは家の北側にあり、奥に引っ込んでいるため、庭に客人が入ってきてもそこから視認することはできない場所にあります。

ぼくはそこに先回りしようと思っていました。
トイレは和式で水洗でしたが、室内の床付近に小さな片側30cmくらいの曇りガラスの引き戸がありました。
部屋からは廊下を伝い、木の扉を開けるとそこがトイレですが、トイレは段差があり、入って右に一段上って便器をまたいで用を足す構造になっています。
その段の下、扉の正面の床の先にその小窓があり、普段は鍵がかかっていないその扉をめがけて、僕は急ぎました。
もし空いていれば、僕はみっちゃんの左斜め後ろ、下方からやや見上げるように、無防備な彼女の姿を覗き見ることができると思ったからです。

扉の鍵がかかっていないことを確認すると、飛躍的に胸が高まりました。
すごーくイケナイことをしているという罪悪感。
でも、もうどうにでもなれというハイな状態。
何をしても、今日は許されるような気がするという、何かに包まれているような無敵感。
それらが交錯する中、僕は曇りガラスに姿が映らないようなポジションを慎重に定め、ほんのわずか、絶対にばれないギリギリの隙間を窓に作り、みっちゃんを待ちました。

待つ、という時間が0に近いぐらいの本当にどんぴしゃのタイミングで、みっちゃんが入ってきて、「ビクン」とのど元が鳴りました。

窓の隙間から、完全に全体を捉えることはできないまでも、ブラウスとスカートを着ていることを確認した僕は、なぜか少しがっかりしました。

「バレないかな。大丈夫かな。」

神に祈りながら慎重に腰を落としています。
これから見てしまうシーンが、実は絶対に見てはいけないもののような気がして、

「もしかしたら後悔するんじゃないか。罰があるんじゃないか。」

とも思えて引き返したくなりました。
でもここで動いたら、足元の砂利の音が僕の存在をみっちゃんに発見させることになるという確信があって、身動きが取れなくなりました。

そして、次の瞬間から僕が目撃したことは、生涯でもっともインパクトがあった出来事のひとつと言っても過言ではありません。
それは当時の僕の想像の範囲をまったく超えていました。
今まで覗き見た世界がいくつかあったとしたら、これこそが「覗いた」先に見えた世界。
というべきものでした。

みっちゃんはトイレの扉を静かに閉めると、その扉にそっと体重をかけ、もたれてしまいました。
そして、トイレにまたがろうとせず、一瞬たたずんだ感じから、手にもったティッシュを口元(僕にはそう見えました)に持っていったのです。
その動きがまるで予想と違うのもだったので、全ての動きがかなりスローモーションに感じました。

ほんのしばらくティッシュが口元で静止した後、なんだか全身の骨が柔らかくなりすぎたようなふらっとした動きで、みっちゃんの細いうでがやわらかく宙をただよい、その手にあったティッシュが便器の上にそっと放たれました。

そして、ふっ と深いため息をついたような感じがあり、ティッシュを手放した手が、スカートの裾の方へ伸びていったのです。

前にも書いたように、全てがスローモーションのようでした。

みっちゃんの手が膝の方に伸びて、膝下あたりまであるスカートの裾をゆっくりとたぐりよせ、内股に閉じたまさにさっき僕が触れた白くなめらかな太ももを、そおっと、あらわにしました。

(絶対に見つかってはいけない。)

緊張感が走りました。

「もっとよく見えるようにもう少し開けたい。でも、そんなことしたら、、、」

彼女は目をつぶって(ふせ目がちにしていたのでそう見えたのかも知れません)。
少し大きな呼吸をしたような肩の動きがあって。
ブラウスのボタンは上のほうが2つか3つ外れていて、首元がルーズな感じになっていて、そして彼女は顔を、左肩のあたりにうめるようにして。
(彼女のその鼻先は、さっき僕が汚したあたりに違いなく。)
両手がスカートの中に忍び入っていて。

見ると、彼女のその手が、腕が、コロッケの具をこねるような、小さくてそして深い前後の動きを始めましたのを見ました。

「ん・・ん・・・ん・・。」

聞こえるか聞こえないかぐらいのうめき・・?

なんだかすごくまずくないか。。。
そんな気持ちが走ったのも確かです。

一瞬聞こえた、みっちゃんの声にならない声は、それが

『本当はしてはいけないことで、しかも、していけないとよくわかっていることでもあって、でも誰にも知られないのなら、、ということで自分だけの秘密としてやってしまう。』

ような行為。
であることを、僕に知らせているように感じたからです。

「コキッ・・・ジャーーーーーーー。」

声を消そうと思ったのか、トイレの蛇口をひねる音と、水が勢いよく流れる音が響きました。

背信行為。
何に対して背信なのかよくわかりませんが、そのトイレの音がまるで絵空事のような眼前の世界を切り裂き、一気に現実感が押し寄せて、僕の脳裏に異様な嫌悪感を呼び起こしました。

絶対に見てはいけないものを見てしまっている感覚。

おしっこをするところを見るのは、おそらくいたずら心満載の、覗きの延長だったわけです。
勝手ながら。
でも、今見ているものは、たとえば親友や尊敬する上司が麻薬の注射を打っているところを目撃してしまったような、そんな筆舌に尽くしがたい、すぐさまリアクションがとれないようなショックを、一時的に僕に与えたのだと思います。
そして、これが現実であることを否が応でも呼び起こす、トイレの水が激しく流れる音。

見ると、さっきよりもみっちゃんの頭が下がって、うつむいたみたいになっています。
僕には、具合が悪いのを我慢してるみたいな感じにも、見えました。
でもすぐ次の瞬間には、それは具合が悪いんじゃない。
ということが、何の疑いもなく自然に理解できてしまっていたように思います。

トイレの水の音が消えかかって、でもまだ水の音が残っているころ、スカートの中に入れた重ねた手が、少し開き気味になり、そこからどう動かしたのかよくわからなかったのですが、腰やお尻が小さな周回運動のような動きを見せたかと思うと、彼女のパンティーが、膝あたりに係留していることに気づきました。

(みっちゃんが、自分でパンツをおろした。。。。)

両手は再びスカートの中に進入しています。
僕のところからは、スカートがさえぎってしまって、肝心の場所で具体的に何が行われているか目撃することが出来なかったのですが、彼女が膝まで下ろしたパンティーが、さっきまでのみっちゃんとのドキドキの時間に感じた空気感を僕に呼び起こさせ、一瞬前に感じた罪悪感が嘘のように晴れて、僕のエロ心が再び息を吹き返しました。
というより、すぐにも暴走を始めるくらいに、熱くなりました。

「あのみっちゃんが!今!僕の目の前で!自分のおまんこを自分で触っている!」

パンティーが見え、そのことは、まったくもって、生々しいくらい明らかなことでした。

「みっちゃんが、自分で自分が気持ちよくなることをしている。」

(こうゆうことは理屈でなく、天から啓示を受けたがごとく、一瞬で理解できしまうものなのだなとつくづく思います。)

僕は窓枠の端に左手をかけ、自分の体重を支えながら、右手はすでにジャージの中に手を入れていて、みっちゃんの深い動きと同じように、円を描くように自分のちんぽをこねくり回していました。

トイレの水が完全に流れ終わったころ、みっちゃんの手の動きはさっきパンティを脱ぐ前より、小さな動きになっていました。

窓越しに、

「ん・・・ぅん・・・。」

とほんの、ほんの少しだけ、声が漏れてきます。

「みっちゃん・・・。」

思わず口から声にだして言いそうになりました。

やがて、小さな腕の動きはさらに小さくなり、ぎゅっと体全体を縮めてスカートの中の手をきつく挟み込むような感じになって、動きが完全に止まりました。

この間、実際に経過した時間は2分とかそんなもんだったと思います。
だから、みっちゃんは時間の経過を気にしたのか、途中で止めたんだと今は思います。
でも、そこまでは当時の僕にわかるはずがありません。

(みっちゃんがトイレから出てくる。)

そう思ったので、みっちゃんがトイレから出たら移動しようと思って、もう少し、このちょっと無理な体勢を続けなきゃ。と思った矢先、みっちゃんは膝まで降りていたパンティーを、さっきの倍くらいのスピードと身のこなしで全部下ろし、両足から外してしまいました。
そのパンティーをどうしたのか見えませんでしたが、今度は一段高いトイレに脚をかけて上がり、トイレをまたいでスカートをササッという感じでたくしあげて、そのまましゃがみこみました。

なんと、みっちゃんが僕の目の前で、おしっこを始めたのです。

連続的にまったく光景が変わったことと、スピード感の違いに、ぼくはちょっとついてきそびれました。
でも、すわったあとのみっちゃんは、すこしぼんやりしたような感じに見え、おしっこもすぐには出てこない様子で、僕はもう少し見えるように、慎重に慎重に窓の隙間を広げにかかりました。

一段低い、高さも15センチくらいの窓枠ですので、どんなにがんばってギリギリまで開いても、さらに白いお尻の全体が見えるのが、限界でした。

「うう、、、なんだか残念。」

と思いましたが、さっきまでの背信(背徳)とその先に見た花がいやらしいくらい咲き乱れるようなニュアンスを感じた光景と、このいたずら行為から感じるニュアンスに違いがありすぎて、瞬時にはギアが変わらず、まだあまりピンとこないというのが正直なところでした。

でも、次の一瞬、

「シャーッ・・チョロチョロ。」

という音が恥ずかしげに聞こえてきたとき、僕は正直に興奮しました。

「みっちゃんがおしっこしてる。。」

そう頭の中で反芻すると、興奮が高まるような気がしました。

「前に回って、前から見たらどんなだったのかなぁ。透明人間になりたーい。」

なんて思ったりして。
でもその恍惚に浸れる時間もほんのわずかなもので、はかないものでした。

みっちゃんは、出し終わると同時にすぐに紙をたぐりよせ、おしりの方まで2回か3回コシコシッとそこあたりを拭いました。
それはさっきタオルケットやティッシュを扱った繊細でしなやかな動きと全く違っていて、逆にちょっと乱暴な動きにも見え、意外な感じを受けました。
どこかイメージと違う違和感を覚えながらも、それでも、そんな違うみっちゃんの一面を垣間見たような、興奮と優越感(?)も都合よく感じました。

彼女がトイレを後にしたのを確認してから慎重に、音を立てないように窓を閉めました。
今にもみっちゃんが現れるであろう玄関先に移動すべく、まだ少し興奮しているおちんちんが擦れる違物感を感じながら、ぼくはそこへ急ぎました。

従姉妹のみっちゃん その3に続く

Home > 従姉妹・従兄弟 > 従姉妹のみっちゃん その2

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top