Home > 恋人・嫁 > 彼女のトラウマ

彼女のトラウマ

ひょんなことから知り合った彼女、美沙。
キスだけのプラトニックなつきあいをしていたのが、訳あって俺のマンションに同居することに。

「明日からこの部屋使っていいよ。後で片づけるから。」
「うん、ありがと。」

美沙は俺にしがみついてきたので、抱きしめる。

「ねえ。」
「??」

目をつぶって上を向いているので、唇を合わせた。
さっきとは一味変えて、舌を美沙の口の中にそっと入れると

「むぐうっ。」

と仰け反った。

「もうっ!ビックリしたよ。」

と笑った。

「そうだ、お風呂入っておいでよ。」
「でも・・・恥ずかしい。」

何かためらっている。

「大丈夫だよ、覗いたり乱入したりしないから。ゆっくり入っておいで。」
「うん・・・。」

そう言いながらバスルームで服を脱ぎだした。
カーテンを閉め忘れているのか、服を脱いでいる後ろ姿が丸見え。

Tシャツとジーンズを脱ぐと、意外にほっそりした背中と、大きめの尻が目に飛び込んだ。
お尻をすっぽり包む白いショーツが降ろされると、真っ白なお尻が飛び出した。
更に、白いブラのホックが外されて・・・残念、胸は見えなかった・・・。

とりあえず、布団を敷こう。
美沙用として、洋室のクローゼットから花柄の客布団を出しておく。
俺の布団は、いつも通り寝室として使っている和室へ敷く。
おっとっと、ついでにエロ本とかエロDVDを片づけなくては・・・。
何とか片づけ終わった頃

「お先に。」

と美沙が出てきた。
スエット姿に濡れた髪がいい感じだ。

「私、どこで寝ればいいの?」
「・・・。」

俺は口の中が乾きそうになった。

「布団は隣の部屋に出してあるけど・・・でも、まだエアコン取り付けていないよ。」
「じゃ、今日はこっちで寝るよ。布団持ってくるね。わあ、すごい、このお布団ふわふわ。」

美沙の感激する声が聞こえた。

「俺も風呂入ってくるよ。」
「うん。」

俺は、カーテンを閉めて風呂に飛び込むと、逸物を念入りに洗った。
と、さっき買ったばかりのシャンプーが目に留まった。
久々に嗅ぐ女物のシャンプーの匂い・・・前カノのことを思いだして、切なくなった。
(前カノは引っ越してきた夜、一度だけここに泊まりに来たことがある。しかし、他の男との間に子供ができてしまい、俺の許から離れていった。)
今頃は、新しい旦那の元で、幸せそうに大きなお腹を抱えているのだろうか?
大きかった胸も、より一層大きくなっているんだろうな。

「お風呂長かったね。お布団、こんな感じでいい?」

和室に布団が並べて敷いてある。
切なさが込み上げてきた。

「どうしたの?」
「ちょっと考え事をしていたんだ。」
「そう・・・。もう寝る?」

時間は22時。
いつもなら起きている時間だが、

「そうだね。」

美沙が布団に潜ったことを確認し、明かりを落とす。

「何か緊張するよ。」

暗闇から声が聞こえる。

「どうして?」
「私、今までずっと一人で寝ていたから・・隣に人がいるのって。」
「いやなの?別々に寝てもいいよ?」
「そうじゃなくて、うれしいのよ。寂しくて、いつも寝るのがイヤだった。」

俺は、美沙の布団に手を入れ、腕を引き寄せた。

「腕枕してあげようか。」
「うん。」

美沙がごそごそとこちらに来る感触がした。
美沙の体を抱え込むと、濡れた髪の感触もした。

「温かいよぉ。」

しばらく抱き合うが

「ちょっと熱くなってきたね。」

と離れる。
俺は、上向きになった美沙の顔を撫で、肩から胸へ

「いやん、恥ずかしい・・・。私の胸、小さいから。」

確かに小ぶりな胸ではある。服の上から、感触を確かめながらそっと揉むと、美沙の息が荒くなった。

「すごい。気持ちいいよ。」
「直接触っていい?」
「うん。でも、恥ずかしい。」
「明かりつけないから。」

俺は、美沙のスエットの裾を捲り上げると、美沙は自分からスエットの上半分と中のシャツを脱いでしまった。

俺は、美沙の胸に直接タッチし、まずはバストを揉み上げる。
片手で収まるぐらい小さな胸だが、張りはある。

「んっ、んっ、んっ。」

美沙は鼻を鳴らした。
胸を揉み上げながら乳首にタッチすると

「ああっ。」

と切なそうに声を上げた。

「もう、ぞくぞくしちゃった。」

美沙は驚いたようだ。
そのまま乳首をぺろりと舐めると

「んんっ。」

と腰が動いた。
胸を揉みながら舐め続けると

「あっ、あっ、あっ。」

と気持ちよさそうな、それでいて戸惑ったような声を上げた。

俺は胸を舐めながら片手を胸からお腹、そして下半身に移動させた。
スエットのゴムから中に侵入すると、コットンのショーツの感触が。
俺はショーツ越しにそのまま股間に指を滑らすと・・・。

「いやぁぁぁぁぁぁぁあああああああああっ、やめてっっっっ。」

美沙はいきなり絶叫して飛び上がった。
俺は跳ね飛ばされて、テレビに思いっきり頭をぶつけた。

「ゴン!」

頭から火花が出そうだ。

「てめえ、何やってんだよ!!ゴラァ。」

あまりの頭の痛さに、大声を出した。
そのまますかさず、天井の明かりを付けると、上半身裸の美沙が、布団から飛び起き、土下座をしていた。
くぐもった声で

「ごめんなさい。ごめんなさい、許してください。もう二度としませんから・・許して。」

と号泣していた。
三つ指突いて謝る美沙。
横乳がぷくっと膨らんでいた。
背中にも脂が乗り、真っ白な肌は透き通るようだ。
とそんなの見ている場合ではなかった。

「どうしたの?、どういうこと?」
「うっ、うっ。」
「やっぱり、俺のことイヤだったの?」
「違います。絶対に違います・・・。あなたのこと大好きです。信じてください・・・でも・・・。」
「まず、顔をあげなよ。」
「はい。」

美沙は顔を上げると

「どこか、ぶったのですか?」
「うん、テレビに頭をぶつけたんだ。」
「ごめんなさい・・・。」
「少し話そうか。服、着なよ。」
「はい。」

美沙は、枕元からスエットを取ると、頭からかぶった。

「私だって、小娘じゃないんですから、今日は祐太と一つになる覚悟をしていました。というか、一つになりたかったんです。でも・・・怖かった。」
「怖かったって?」
「私の初体験・・・好きな人じゃないんです・・・。」
「美沙。」
「話して・・いいですか?」

俺は、聞くのが怖かったが、現実から目をそむけてはいけないと思い返し、うなずいた。

美沙は、両親との間の一人娘として育った。
ところが、小学校4年の時、父親が事業に失敗し、マイホームからアパート生活に転落。
借金を抱えたことから、母親もフルタイムで働くようになり、家庭も荒んだ。
喰うやくわずの生活の中、高校3年の夏、父親が食事に連れていってくれた。
見たこともないような豪華な料亭。
父親と同世代の紳士も同席していて、父親は気をつかいまくっていた。
同年代なのに、紳士の方がよほどかっこいいと思った。
どうして私が同席させられたのだろう、と思っていると、急に眠気が。
料亭の仲居らしい着物姿の人に、別室で休むように言われ、離れに敷かれた布団の上で眠ってしまった。

目が覚めたとき、美沙は驚いた。
着ている物は全部脱がされ、全身を舐められている感触が。
舐めているのは、先ほどの紳士だった。
下着姿だ。

「ええっ、お父さ~・・・」
「お父さんは先に帰ったよ。大丈夫。ご存知だから。」

美沙は、脳天を砕かれるような衝撃を受けた。
父はわたしを置いて帰った。
売られたんだ・・・。

美沙の受けた衝撃など関係なく、紳士は美沙の全身を撫でたり舐めたり。

「大丈夫。そんなに怖がらなくてもいいんだよ。『済んだら』ちゃんと送り届けてあげるから。」

紳士は、慣れた口振りで語ると、胸を揉み上げた。
初潮が来てからは、医師以外の男性に見せたことがない、小ぶりの胸だ。
両側からやさしく揉まれると、嫌悪感と同時に、今まで感じたことがない気持ちよさも感じた。

「ああっ。」

と吐息が漏れ、体の奥が熱くなってきた。

しばらく胸を弄んでいた紳士は、美沙のお腹から下半身へと舌を移動させ、ヘアの匂いを嗅いだ。

「匂わないのかな?」

と心配していると、脚を開くように促され、誰にも見せたことのない割れ目を舐められた。
最初は気持ち悪くて鳥肌が立ってきたが、すぐに股間が熱くなってきた。

「んんっ、んんっ、ああっ。」

初対面の中年紳士に舐められているのに、どうしてこんなに気持ちいいの?
お酒飲まされたから?
お酒に何か入れられていたの?

と快感に身を委ねていると、ズキン、という衝撃が走り、

「あああっ。」

と声が出た。

(多分、クリを舐められたのか?)

「どう?気持ちいいでしょ。」

勝ち誇ったように紳士は言った。
股間を責められること少し。
紳士の手が止まった。
パンツを脱いでいたのだ。

「くわえてもらっていい?」

大きく首を横に振ると紳士はうなずき、手で握るように促された。
初めて握る男性の肉棒。
固くて大きくてびっくりした。

おそるおそる握って、言われるまま擦ると、肉棒は更に固くなった。
息が荒くなった紳士は、肉棒を離すように促すと股の間に回り込み

「入れるよ。」

その時、目をつぶった美沙の頭には、クラスで好きだった男の子の顔が目に浮かんだ。
股間に何か当たるような感触がしたあと、激痛が走った。

「ああっ、痛いっっ。」
「えっ?初めてなの?」
「はい。」
「そうだったんだ・・・。優しくするからね。」

紳士は、しばらく肉棒を奥まで挿したままじっとしていた。

「痛みはどう?」
「少し楽になりました。」
「そう・・・。」

紳士は、ゆっくりと抜き差しを始めた。
痛みは残っていたが、それとは別に何か気持ちよさのような感じもした。
目を開けてみると、紳士が汗を垂らしながら美沙の上で腰を振っていた。

「はあっ、はあっ。」

痛みと気持ちよさの間で、美沙は

「んっ、んっ。」

と鼻を鳴らしながら耐えていたが、

「美沙さん、逝きそう。」

えっ、中に出されたら赤ちゃんできちゃう、と思っていたら

「ううっ、ううっ、ううううっ。」

紳士は肉棒を抜くと、ドロドロとした熱いものをお腹の上に振りかけた。

「はあっ、はあっ。」

お腹の上に、熱いものを振りかけ終わった紳士は、美沙の股間に目を向けると

「初めてだったんだ・・・。」

と感慨深げに言った。

「はい。」
「悪かったね。キミのお父さんからは『男が居るみたいなので、安心してくれ』と言われていて・・・。」
「いいんです。気にしないでください。」

美沙は涙が出てきたが、後始末もそこそこに服を着た。
ちょっと上等な通販のワンピースで、ちょっと前に母親におそるおそるおねだりしたら、あっさり買ってくれたものだった。
仲居さんが呼んでくれた黒塗りのハイヤーに乗り自宅へ。
(タクシーに乗るのも小学生以来だった。)

「おかえり。」

母親が伏し目がちに声を掛けたのを無視して風呂へ。

(父は寝室にこもっていた。)

泣きながら体をごしごし擦った。

翌日、学校から帰ると、父が目を合わせないようにしながら

「昨日は先に帰って悪かったな。◇◇さんがお前にって寄越したよ。」

と分厚い封筒を寄越した。
部屋に入って中を見ると、現金が20万円入っていた。
でも、封筒は一度開けられた跡があり、隅に書かれた「300,000円」という文字がマジックペンで消されていた。

お金をもらう義理なんてない。
それよりも、娘が辛い思いをして手に入れたお金をピンハネする親が情けなかった。
また涙が出てきた。
封筒を叩き返したかったけど、それもできなかった。
複数の友達に5,000円~2万円程度ずつ借金をしていて、返すのが先だと思ったから。

高校を出た後、両親の反対を無視し、県外の寮付き企業に入った。
初体験のトラウマから、男性を徹底的に避けるようにした。
(女の子ばかりの職場なので、飲み会とかデートの誘いを全部断って、会社と寮を往復していれば、まず男に声を掛けられることはない。)

そんな中、俺と知り合い、結ばれるはずが、股間を触られた瞬間、過去の初体験の思い出が蘇って、とっさに飛び跳ねたという。

「よほど辛かったんだね。美沙。俺こそごめん。美沙の気持ちも分からなくて。」
「いいえ。でも、多分大丈夫です。もし気になるんだったら、私のこと縛ってもいいですから続きを・・・。」
「そんな・・・美沙が嫌がるのに、無理矢理Hするなんてこと出来ないよ。」
「ありがとう・・・。でも、私、辛い思い出から逃げたくないんです。祐太に嫌われたくない。祐太と・・・ああああんっ。」

またべそをかいてしまった。

「美沙・・・じゃあ、こうしよう。今から、美沙のこと抱くよ。」
「はい。」
「でも、辛くなったり、イヤだと思ったらすぐにやめるから、正直に言うんだよ。」
「そんな、あなたに申し訳ない。」
「美沙、キミのこと、大切にしたいんだ。離したくない。」
「祐太!!ありがとう!!」

美沙は再び俺にしがみついた。
顔に当たる髪は、乾いていた。
少し抱き合ったあと、俺は室内を薄明かりだけにした。

布団に横たわった美沙の上着を脱がすと、美沙はズボンを自分から脱いだ。
ショーツ1枚だけで目をつぶっている美沙のバストを優しく揉み上げ、乳首をぺろりと舐めると

「んんっ。」

と鼻を鳴らす。

「気持ちいいです・・・続けてください。」

しばらくバストを揉み、乳首を舐めていた舌をお腹に這わせると

「いやっ、恥ずかしい・・・。」

おへその穴をぺろりと舐めると

「ひゃぁ、くすぐったいwww」

と笑いながら悶える美沙。その仕草が初々しく感じられる。
次いで、舌は美沙の真っ白な脚に飛んだ。
ふくらはぎや太ももを撫でたり舐めたりしていると

「すごい・・・ぞくぞくする。」

太ももは元カノと異なり、張りがあって、押すとはじき返される感触だ。
太ももの上には、コットンの白いショーツに包まれた大切な場所。
俺は、太ももを撫でながらショーツの膨らみを眺めていた。

「どうしたの?恥ずかしい?」
「きれいな膨らみだと思って・・・。いや?」
「んんん、恥ずかしいだけよ・・・ねえ。」
「??」
「触っても・・・いいよ。でも、パンツの上からにして。」
「いいの?もし、怖くなったら正直に言うんだよ。」
「うん。」

美沙はそう言うと、脚を少しだけ広げた。
ショーツの股布が目に飛び込む。
俺は、大切なところをそっと触った。
湿っていた。
押せば染み出てきそうなぐらい。

「濡れてる・・・。」

と俺は、少しだけ押す。

「うっ、ううんっ・・・。気持ちいい。でも、怖い。」
「大丈夫だよ。今日はここでやめておくよ。」
「ごめんね。でも・・・。」
「??」
「早く祐太と一つになりたい。だって、好きな人とHするのって、気持ちいいんでしょ。」
「・・・。」
「ねえ、教えてよ。前カノさん、気持ち良さそうにしていたの? 正直に言ってよ。」
「うん。気持ちよかったし、奴も気持ちよさそうにしてくれていた。その時は奴が好きだったから最高だったよ。でも、その分、裏切られた時はショックだったけど。」
「そう・・・。」
「・・・。」

俺は、美沙の股間から美沙の隣へ移動すると、再び美沙を抱きしめた。
シャンプーのいい香りと、小柄だけど柔らかくて張りのある美沙の体・・・。
立っている逸物を悟られないようにしていたが、美沙が体を押しつけてきて

「祐太、固くなってる。」
「うん。」
「触っていい?」
「いいよ。」

美沙は、パンツの上から恐る恐る俺の逸物を握る。
その手つきのぎこちなさに、俺は体を仰け反らせて

「ううっ。」

と声を出した。

「気持ちいいの?」
「う、うん。」
「入れるのは怖いけど、出す?手だったらいいよ。」
「いいの?」
「うん。友達から話とかは聞いているから。何とか・・・。」

俺は、パンツを脱いで仰向けになる。
ショーツ1枚の美沙が俺の横に座り、逸物を手で掴み、擦り始めた。

「固くて熱い・・・。」

美沙が戸惑っている。
俺は手を伸ばして美沙の胸を触った。

「ああんっ。」

美沙に擦られることしばし。
ぎこちない手つきだが、胸を揉んだりしているうちに俺は発射したくなった。

「美沙、出るよ!!」
「えっ、本当?私どうすればいいの?」
「そのまま擦って・・・おおおおっ、出る出るっ。」

ぴゅっ、ぴゅっ。

「いやぁぁぁっ、出たぁ。熱いよ。うわっ、出てる出てる。ぬるぬるするよぉ。」

美沙は一人で大騒ぎしている。
その仕草に、思わず笑ってしまった。
後始末して、再び腕枕。

「ねえ、Hって気持ちいいんだよね?」
「うん。」

俺は、Hの時に悶え狂っていた元カノの姿を思い出し、切なくなった。

「はやくHしたいなぁ。」

美沙はもどかしそうに言っていたが、いつのまにか、寝息を立てていた。

こんな萌え体験もありますよ。

Home > 恋人・嫁 > 彼女のトラウマ

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top