Home > 恋人・嫁 > K子ちゃん

K子ちゃん

中学二年の頃、自分は携帯電話を買って貰いました。
早速友達にメアドや電話番号を教えて、大人になった感じがしました。
数日たったある日友達からあるメールが。

[お前に紹介したい女がいるんだけどいいか?男探してるみたいで。歳は俺達と一緒]

最初は戸惑ったけど、携帯を手にしたせいか彼女が欲しい等と考えていた頃。
俺はOKし、その子とのメールのやりとりが始まりました。
その子とメールをしてみると、凄くいい子で俺は段々と惹かれていきました。

[おはよお:*:・( ̄∀ ̄)・:*:今日は寒いね(/_;)身にしみます]
[ただいま~(*^-^)ノ♪今日も疲れました]

いつの間にか彼女からメールがくるのを楽しみに待つようになり、彼女の事を考えて一人自慰行為を行うようになりました。

彼女とは写メの交換もし、結構俺好みの顔だったのもあり駄目元で告白する事にしました。
彼女に自分の気持ちを伝えると彼女はこう答えました

[一回会わないと分からないよ]

確かにそうです。
次の休みの日に会う約束をしその日のメールは終わりました。

約束の日、僕は目印に決めていた黒いニット帽をかぶり待ち合わせ場所へ。
彼女はもう来ていました。服装は非常に分かりやすいもので『ゴスロリ』でした。
この時から変なフェチを持っていた僕は、これをOKとし彼女に手を振り挨拶をしました。

「K子ちゃん?俺○○だけど・・・。」
「あ!○○君?写真で見るよりかっこいいですね。じゃあカラオケかどっか行きます?」
「うん、それと普段のメール通りタメ口でいいよ。」

僕と彼女はカラオケに行ったものの、全部屋使われていて入れませんでした。

「仕方ないからウチ来る?お母さんいるけど・・・。」

彼女の家はまあ普通の家で、僕達がついた時には彼女のお母さんが洗濯物を二階に干していました。
彼女は下から自分の母親に手を振り、

「ちょっと待ってて。」

と言い家の中へ入って行きました。
しばらくすると階段を下りる音が聞こえ

「入っていいよ。」

と。
初めて会った女の子の家に上がる。
かなりの緊張感があり手には汗をビッシリとかいていました。
彼女の部屋は二階のようで、どうやら洗濯物は彼女の部屋を通ったベランダで干しているみたいでした。
彼女の母親は既にそこにはいなく、予めしいてあった座布団をよけて僕は座りました。

「あはは。それ、○○君の為に置いたんだからそこに座ってよ~。」
「あ、ああ気付かなかった。」

変な遠慮をした僕は座布団に座りなおしました。

「でさ、あの事何だけどね。」
「あ、うん。」

彼女の言う『あの事』とは、僕が告白した事だとすぐに分かりました。

「○○君、会ってみたら結構優しそうだしいいよ。付き合っても・・・。よろしくね。」

僕の心臓は大きく跳ねました。
一気に背筋が冷たくなったのに、胸は凄く熱い、そんな妙な感じが。
それと同時に、メールだけで好きになり、さっき付き合う事になったばかりの彼女といかがわしい行為をしてみたい、というふしだらな気持ちが生まれたのも事実です。

「ねぇ、付き合ったばかりでアレ何だけどさ、キスしない?」

彼女の提案は僕の気持ちをさらに揺り動かしました。
目をそっと瞑る彼女。
僕は心臓をドキドキさせながら、彼女の両肩に手を置き顔を近付けた。
彼女の肩は服がアレなせいか、露出されていて凄くエロチックでした。
彼女の唇に自分の唇を重ねる。
数秒間、時計の針の音だけが耳に入る。

キスをしている。
初めてのキス。
しかも彼女の部屋。

彼女から顔を離し、目を開いた。
彼女は笑っている。
何故か僕はゆっくりと目線を彼女胸にやった。

「あ!」

胸が見えました。
中学二年生、クラスの大半の女の子と同じぐらいの大きさの胸が。

「どこ見てるの?」

バッと手を服に重ねる彼女。
嫌われる事を恐れた僕は、素直に謝りました。

「別にいいよ。男の子ってそうだって分かってるし。」

彼女は笑って言うと今度は彼女の方からキスをしてきました。
目がトロンとして気持ちいいと感じていると、彼女の舌が僕の口の中に入ってくるのが分かりました。

「ンッ・・・。」

彼女がちょっと漏らした声が頭に残り、舌を絡めたまま僕は彼女の背中に手を回し強く抱きしめました。
僕の胸に彼女のふくよかな胸が当たっている。
下半身はギンギンに大きくなり、ビクビク動いているのが分かりました。
射精前のあの状況です。
僕の手は彼女のお尻の辺りにいき、彼女はビクッと反応したものの、手をどかしたりせずそのままにしてくれました。

「○○君?当たってるよ?」

最初は手の事を言っていると思いました。しかし、すぐに違う事が分かりました。
僕のぺニスが彼女の太もも辺りに接触していたのです。

「知ってるよ。男の子のって大きくなるんだよね?」

彼女は恐れず、左手の人差し指で僕のぺニスの先っぽを撫でました。

「エッチしたくない?」

彼女の発言に僕は驚きながらも、高揚感があり頷いていました。
とりあえず、僕は彼女との密着状態から離れました。
自分のペニスが当たってるのが凄くはずかしかったから、です。

「○○君?でも今するの?お母さん下にいるんだけど・・・。」

彼女も少し冷静になったのかさっきの発言を後悔しているようでしたが、僕はもう気にしませんでした。

「少しだけ、すぐ終わりにするから。」

と言い、彼女の頭にポンと手を置きました。

「じゃあ鍵しめるね。」

鍵をしめ、カーテンも閉めると彼女と僕はもう一度抱き合いました。
布団の上に行き、彼女の胸を触りました。
初めて触る女の人の体。
ペニスは更にビクビクと反応しすぐにでも射精しそうでした。
ペニスがそうなったのは、無理もありませんでした。
女の人の胸があんなに柔らかく温かいものだとは知りませんでしたから。

彼女の胸を触ってるだけで僕の脳の性欲を抑えてるリミッターのようなものは、はずれてました。
二分ばかり触っていたと思います。

「あまり激しくすると痛い。」

彼女のか細い声が聞こえ、手が止まりました。
僕の手は震えていて力の加減もできてなかったってのもあると思いますが、胸の感触を堪能して強く揉んでいたと思います。

「ごめん、ねえK子ちゃんその服脱いで貰っていいかな?」
「え~。ちょっと私恥ずかしいよ。」
「俺も。脱ぐし、先に脱ぐよ。」

ベルトを外し、ベッドの下に置きました。
僕がズボンのチャックを下ろそうとしていると、彼女も僕に背を向けあの特異な服を脱ごうとしてました。

女の子が目の前で着替えるのは、小学生の時以来で。
しかも、あの時とは違い体がある程度発育している訳で。
僕は、彼女が服を脱いでるのをズボンに手を置いたまま固まって見ていました。
彼女が服を脱ぐと白いブラの紐が現れ、彼女がこっちを振り向けば、さっき彼女が服を着ている時に見えた胸が見える訳です。
僕はズボンをはいたまま下着を脱ごうとしている彼女に抱きつき、彼女の腰に自分のペニスを当てました。
そのまま何度かこするような動作をしながらブラ越しにまた胸を揉み始めてました。
何故か彼女はくすぐったいようで体がプルプル震えていました。
彼女の腰でこすっているペニスはもの凄く気持ちよく、僕は一瞬ハッとして彼女の腰から離しました。
ズボンとトランクスがペニスに当たらないように前に広げようとしましたが(表現下手ですみません)・・・しかし、遅く、射精してしまいました。

射精の勢いと量はそれまでの経験ではない程凄く、トランクスにべっとりとくっつきました。
彼女はそんなの知る由もなく、ブラに手をかけていました。
先程射精ばかりなのにエロい気持ちは存分にあり、精液がつき、体につくと冷たいトランクス(とズボン)を脱ぎました。
ペニスはビクビクしていて、皮には濡れた跡がついていました。
さすがに半だちぐらいでした。
彼女は、ブラを脱いでいて初めてこっちを見ました。

「え?どうしたの?それ」

彼女はびっくりしててペニスをジッと見てました。
僕はさっきので射精してしまった事を話し、彼女からティッシュを受け取りペニスを拭きました。

「変な匂いするね。」

彼女は僕が精液を拭ったティッシュの匂いを嗅いでいて凄く恥ずかしかったです。

「あ、○○君ちょっと変な事していい?」

どんな事か気になり、僕が頷いた頃には彼女は僕のペニスの皮を少し剥ぎ、ソレをくわえました。

ペロペロと亀頭を舐められた後、小がでる場所...尿道の先っぽを舌で舐められました。
これが凄く気持ちよく、体から力全部が抜けていきました。
彼女は舌を尖らせ、その先っちょを尿道、穴に少し入れていました。
彼女が上半身裸で、こんな事をされている・・・たったそれだけの事なのに気持ちよきなり再び射精感が襲ってきました。
僕は彼女の口からペニスを抜き取り、そしてその瞬間が一番気持ち良く、結局彼女の顔に出してしまいました。
僕はすぐに謝り、彼女は自分の顔をティッシュで拭き取っていました。

流石に僕のペニスはほとんど元気を失っていました。
目の前には女の子の膨らん生の胸があるのにあまり反応しないんです。
僕は、まだ少しある性欲を、彼女の胸を舐める事で解消しました。
乳首を舌の先で舐め、赤子のように吸う。
それを繰り返して行く内に、気持ちは高ぶり、彼女がまだ脱いでいないパンツに手が向かいました。
口は胸を弄び、左手は彼女のパンツの中に、右手は柔らかい太ももをいじっていました。
ペニスはいつの間にか勃起していて、僕はとうとう彼女を押し倒してしまいました。
押し倒した瞬間、彼女は少し頭をうったようで布団の上だったとは言え

「ンッ・・・。」

と声を漏らした。
それが何か知らないが色っぽかったのを覚えてます。
彼女の唇に自分の唇を何度も重ね、彼女の胸を両手で揉みまくった。

「入れていい?」

僕は鼻息を荒くし彼女に聞いた。
僕が彼女のパンツに手を突っ込んだせいで、彼女のパンツのゴムは少し捻れてました。

「○○君・・・でも、ゴムないよ。」

彼女も少し息が荒くなっていました。

「うん、いいよ。」

もの凄く無責任な事を言ってたって思います。

「ええ?」

ちょっと困った様子の彼女を尻目に、僕は彼女の下着を脱がし『生まれたままの姿』にしました。
下の毛は、それなりに生えていて一瞬びっくりしましたが、気にせず中指でツー・・・と撫でました。

「くすぐったいよぉ~。」
「ごめん、K子ちゃん。これから絶対大事にするから最後までやらせて?」

彼女は目を瞑り頷きました。
額にキスをし、彼女は足を広げました。
僕は自分のペニスを彼女の濡れてるソレに向けました。
ペニスの先っぽは濡れていて非常に危険だって言うのは分かってましたが中学二年生。
そんな事で制御ができるはずもなく僕はゆっくりと先っぽから入れていきました。
彼女の『中』は酷く窮屈でしたが、不思議にもそれが嫌ではありませんでした。
むしろ全ての感触が気持ちよく、僕は小動物が震えている程度でしたが腰を動かしました。

「ンッンッン・・・。」

声を押し殺す彼女の腹部に唾液を垂らしながらも腰はずっと動かしてました。
この最高に気持ちいい時間が永遠に続けばいい。
そう思いましたが中学二年生の皮がかぶったペニスでは限界はすぐそこでした。
量は分かりませんが、僕は確かに自分のDNAを彼女の中に出しました。
焦りはありませんでした。
最後、僕は彼女の胸と唇を堪能し(彼女は枕カバーを噛みしめ声を出すのを我慢してました)全ての行為を終えました。
時間は一時間もたっておらず、僕と彼女は急いで服を着て行為したという証拠、ティッシュやトランクスなどを川に捨てにいきました(途中服屋でトランクス購入)。

それから今後の事を話しあい僕と彼女は恋人同士になり手を繋いでいました。
それから、僕達はちゃんと避妊をして行為をするようになり、彼女は妊娠などもなく中学を卒業。
今でも付き合ってます。
しかし残念な事に彼女は、早い段階で性行為を済ませてました。
彼女の話しだと小学六年生の時だったそうです。
一応これで終わりです。脚色や過剰な演出はありますが大体真実です。
それでは。

Home > 恋人・嫁 > K子ちゃん

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top