Home > その他 > 超天然で無防備な叔母2

超天然で無防備な叔母2

  • Posted by: moe
  • 2011年9月22日 07:43
  • その他

超天然で無防備な叔母1続き

8月2日火曜日 叔母のパンチラ

「あら遅かったね、のんちゃん。」

朝起きるともう十時で、下には叔母だけしかいなかった。
叔母は自分に遅い朝食を用意してくれた。
朝から叔母を見てドキッとする。

今日も色違いだがワンピース。
今日は昨日と違いブラジャーを着用していて残念だったが、ワンピースが薄手のものだったため、ブラジャーの模様がはっきり透けていました。
朝から勃起します。

気さく叔母は、自分によく話しかけてきた。
どうやら叔父は仕事、亮太くん(息子さん)はお寺(保育園的な感じらしい)に行っているらしい。
ビックリしたのは叔父のこと。
叔父は海側の所で働いているらしく、ここから片道2時間以上なので、平日は向こうで泊まり、帰ってくるのは週末だけらしい。

(じゃー、向こうで暮らせばいいのに、アホちゃうか?)

ってまた思った。
とにかくよく話しをする叔母だった。
でも自分は、話を聞くよりも、そんな叔母の透けブラばかりをチラ見していたのです。
叔父がいない分よけいです。

昼過ぎ、目に焼きつけた透けブラで、一発抜いてから下へ行くと、叔母は居間で本を読んでいるみたいだった。
座椅子にもたれてリラックスしながらです。
叔母は、居間に入ってきた自分の存在に気づき、少し話しかけてきたが、しばらくするとそのうちまた本を読み始めた。
何も用事はなかったが、自分も居間に座っていることにした。
頭の中がエロばっかりなので、変なコトばかり思いつきます。

叔母はちょうど、自分に背を向けて座っている。
その正面にまわれば、叔母のパンチラが拝めるんではないかとふと思った。
しかし、叔母の正面と壁の間をウロウロするのは、超不自然。
どうすればいいだろうか?
しばらく自分はソワソワしながら考えた。

いい案が浮かんだ。
よく見ると叔母の前には、新聞と広告が床にポンと無造作に置かれている。
それを拾う振りをすれば、不自然でなく叔母の正面にまわれる。
パンチラが見れる。
そう考えた。
自分は少し緊張しながら行動をおこした。

「えーと、新聞、新聞。」

恐る恐る叔母の正面に進む。
そして、床にある新聞をとる瞬間、叔母の方をチラリと目線を向けてみたのだった。
バッチリだった!
白色のパンティーが、チラリどころかモロに拝めることができた。
正直、自分はすぐ足を閉じられると思っていたのだが、叔母は自分の気配に気づかなかったのか、全くのノーガードだった。
ラッキーです。
自分はサラサラっと新聞を読む振りをして、もう一度、今度は新聞を返す瞬間にパンチラに挑んだ。

成功です!
叔母はまたもや足を閉じないでいてくれたので、しっかりとパンティーを拝まさせてくれたのだった。
もちろんもっと見たい。
今度は広告を見る振りをして、と考えた。
そして今度は、玉砕覚悟で叔母の正面で広告を見ることに挑んだ。

「えーと、こっ、広告広告・・・。」

広告を見る振りをしながら、横目で叔母のパンチラを何度もチラ見します。
しかし叔母は、よほど本に集中しているのか、自分が正面にずっといるのに不信感も抱かず、そのまま全く足を閉じようともしなかった。

自分はそんな叔母に調子にのり、そのうちチラ見どころか、視線を固定させて叔母のパンティーをずっと眺めていた。

「どう?何かいいものあった?」

ドキッ!
叔母が急に自分の方に顔を向けて話しかけてきた。
自分がパンティーに目線を集中している時である。

「えっ?あっ、いや・・・。」

ヤベッ!
バレた!

と思った。
慌てて目線を広告に戻した。

しかし、叔母は自分の返事の後、すぐにまた本を読み始め、それでも自分のスカート部分を直そうともせず、足をルーズに開いたままだった。
それどころか、暑いせいか少しスカート部分を捲り上げる、非常にうれしい仕草までしたのである。

スカート部分を捲り上げると、少し日差しに照らされ、白いパンティーに黒い影までうっすらと見えるぐらいです。
股間がドピュッ!なりそうだった。

自分は思った。
叔母は自分をガキだと思っているからだと。
甥っ子だからだと。
だから恥ずかしいとも思わず、隠そうという仕草すらしないのだと思った。

その夜は当然叔母のパンティーを思い出し、シコりまくった。

8月3日~5日 叔母のパンティー見まくり

叔母が自分の目線を気にしてくれないおかげで、毎日パンティーを覗きまくった。
おかげでネタには全く困らなかった。

階段を上る叔母。
階段がけっこう急なため、短かめのワンピースを着ている時は、何もしなくてもパンティーが見える。
中くらいのワンピース時も、下から覗くようにすれば見えたが、いくら覗くような行為をしてもバレなかった。

叔母のくつろぐ居間はパラダイス。
正面から堂々とガン見しても、相変わらずパンティーを隠そうとはしなかった。
そのうち、叔母の正面で、普通に横になりながら見ているぐらいにもなった。

変態な自分は、叔母が留守の間にどうしてもやってみたいことがあった。
なかなかチャンスがなかったのだが、ちょうど叔母が、買物+亮太くんの迎えにいった時にそれを実行できたのである。

自分は叔母が車で出ていったのを確認すると、すぐに叔母の寝室に向かった。
目的はタンスです。

寝室に入りタンスを見つけると、そーっと順番に引出しを開けていった。
しかし、タンスの中は洋服ばかりで、目当ての物が全く見当たらなかった。
しばらく押入れなどを物色してみた。
すると、別室の鏡台の横に小タンスがあったので、これだと思い引出しを開けてみたのです。

ビンゴだった。
引出しを開けてみるとそこには、パンティーの列、ブラジャーの列に分かれた叔母の下着が、きれいに収まっていたのであった。
とりあえず自分は、その中心に顔をうずめ、思いっきり匂いをかいでみた。

すごくいい匂い。
石鹸か洗剤かよくわからないが、すごい良い匂いがしたのを覚えている。

叔母の下着は白と水色が中心だった。
あまり模様やレースがかっているものはなく、けっこう地味なものばかりでした。
しかし、そのほうがどちらかというときれいな感じがして、自分的にはとても興奮したのである。
少し恥ずかしいのだが、叔母の下着で色々と遊んでみた。

何枚か広げ、並べてみながら鑑賞したり。
股間部分の裏地を、鼻先までもってきて思いっきり匂いをかいでみたり。
ブラジャーのパット部分を、パフパフって何度もやってみたり。

最後にはその中の水色のパンティーを、1枚だけ拝借するまでした。
巻き付けてのオナニーは最高でした。

最低ですね・・・。

退屈なところであったが、毎日叔母を追いかけるだけで楽しかった。
しかし、アホな自分だが、叔母のその無防備さには少しだけ、あれ?と感じるようにもなってきたのである。

叔母と庭で水まきをしていた時のことです。
庭にいきなりアイサツもなしに、農作業の服を着たジジイが、野菜をたくさん持ってきたのである。
叔母は自分に、この辺に畑をたくさんもっていて、いつも色々と野菜をくれる親切な人だと紹介した。
ジジイは叔母にはすごくやさしく話しかけてきたが、自分のことはイヤに怪訝そうに見てきたのを覚えている。

叔母はすごい嬉しそう。
ジジイのもってきた野菜の前に座ると、それを手に取って見比べたりして、ジジイととても楽しそうに話しをしていた。
たしかにすっごい横長で大きいスイカだったと思う。
しかし自分は、楽しそうであったが、すぐにジジイの挙動不審に気がついた。

よく見るとジジイは、嬉しそうに野菜を手に持ってる叔母を尻目に、話しを聞く振りをしながら、叔母のスカートの中を覗いていたのです。
顔を下げて、大胆に覗き込むようにしてです。
同類の変態にはよく分かります。

しかし叔母は、あんなにギラギラ目線で覗かれているのに、全く隠そうという素振りもしない様子。
自分の時と同じ様に、ずっとルーズに足を開いたまんまだった。
ジジイのいる間ずっとそうだったのである。

さすがのアホな自分も、あれ?と思い始めた。

超天然で無防備な叔母3に続く

Home > その他 > 超天然で無防備な叔母2

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top