Home > 職場・社内 > 泥酔した先輩女子社員を介護

泥酔した先輩女子社員を介護

朝からなんだが、昨夜、というか、さっき先輩女子社員の全裸を見てきた。
参った、頭痛え・・。
これだけ書いたらまた寝る。

昨夜、会社の飲み会で、最後、30代前半の独身女性社員と方向が一緒なんで、タクシーで帰ることにしたんだ。
そしたら、もう途中で彼女、もう意識喪失状態。
ちょっとやばいんで、彼女のマンションまで送っていった。
30代といってもスタイル抜群で若手男子社員の憧れのまと、みたいな人で、綺麗な人。
ドキドキしながら肩をかついで(おっぱいが当たってちょっと勃起)、6階の彼女の部屋へ。

ソファーへ寝かせて帰ろうと思ったら、彼女、フローリングへゲロー!
うへえ、と思って、そのまんま帰っちゃおうと思ったけど、しょうがないから、洗面所のバケツとかを借りて、一応、掃除したんだ。
こっちも吐きそう。
そのうち、彼女、フラフラと立ちあがって、洗面所へ。

「ごめんね。」

とか言って、かろうじて意識はもどってきたみたい。
やがて、シャワーの音。
やばいよ、と思って、とにかく、その辺ときれいにして、バケツの汚水を洗面所に流しにいったら、散乱する彼女の服。
もちろん、ピンクのレースの下着も無造作に脱ぎ捨てれれ、オリモノシートにはうっすらとスジの汚れが・・・。
あちゃー、俺、とんでもない状況だな、と思い、とにかく、その場を離れなくちゃ、と思って焦っていたら、突然、シャワー室の扉が開いてびしょびしょの彼女、登場。

ワ!モロに視てしまった。(といっても洗面台の鏡越し)

一瞬固まる自分が視線に入らないかのように通りすぎると、かかったバスタオルを引き抜いてリビングへ。自分のほうも、帰り支度をしようとリビングへもどったら、なんと、彼女、ソファーで大の字に寝てる。
もちろん素っ裸。
身体は濡れたままだ。

風邪をひくから身体を拭いてあげないといけないという親切心と、憧れの先輩の裸を見たいという両方の気持で床に落ちたタオルを手にとると、彼女を拭いてあげることにした。
量感のある乳房。
薄いお腹、丁寧に手入れをしてあるヘアとしっかり目に焼き付けた。
特に片足がもうソファーから落ちていたので、股間は全開状態。
クリちゃんとビラビラがモロに見えていてちょっとやばかった。

ここまできたら、中身もみてみたい、と思うのが人情。
でも、さすがに直接さわるのはヤバイと思って、内股を拭くふりをしてあそこが開くように力を入れてみたら微妙によれて、ビラの内側の赤身が少し覘いた。
もう、俺の下半身はビンビン。

一応

「先輩、風邪ひきますよ。」

って声をかけたがまったく応答がないし、

「ぐおっ。」

っと、短くいびきみたいのが出たりして、完全に寝てるようなので、ちょっとだけ、悪さをして、両手をつかって、あそこを左右に開いてみた。
まさか処女とは思わないが、意外と小さい穴で、きれいなピンク色が印象的。
もちろん、おっぱいも触った。張りのある、いいおっぱい。
もう、俺の下半身も限界。
とはいえ、さすがに挿入するのはあとあと問題になりそうなので我慢し、彼女の部屋にあったティッシュを手にとると、その中に放出した。
先輩のあられもない姿をみながら、大量に・・・二回も。

俺はティッシュをトイレに流し、彼女にタオルケットをかけると、そそくさと部屋を後にして。
あ、オートロックだから安心ね。
ちょっと、やばいかもしれない。
彼女の顔を月曜日に、まともに見れないかもしれないよ。

Home > 職場・社内 > 泥酔した先輩女子社員を介護

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top