Home > 兄弟・姉妹 > 家の妹ときたら

家の妹ときたら

俺には中3の妹がいる。
名前は里香といい、兄貴の俺がいうのも何だが、これが結構可愛いくて、スタイルもいい。
しかも中3の割りには大人っぽいせいか、特に年上に人気があるようで俺の友達からもやたら人気がある。
とは言っても俺にとってはただの可愛い妹!だったんだが・・・。

5月から母親のばあちゃんの具合が悪くなり母親は群馬の実家に一人帰省し、暫く親父と俺、妹3人で暮らしていたが、俺は大学とバイトと彼女ん家との往復でほとんど家には帰らなかった。
で、8月のある日、久しぶりに家に帰ったが深夜だったからそっと鍵を開け幸いチェーンロックはしてなかったので、こっそり部屋に入ろうとしたら深夜にも関わらず里香の部屋がやたら騒がしかった。

何かと思ってそっとドアを開けるとなんと里香が裸で親父の上に跨って腰を振っていた。
里香はドアに背を向けていたので顔までは分からなかったが背格好と声から間違いなく里香だった。
もちろん親父も裸でうれしそうに両手で里香の胸を揉みながら

「里香、パパもういきそうだよ。」

と言うと

「あっ、あっ、いいよ。好きな時にいってー。」

と腰の動きを早めた。
親父は上半身を起こして里香の胸に吸い付くと

「里香、里香!!」

とすげー気持ち良さそうに大声を出しながらいったようだ。
里香は親父のものを抜き取ると手際よくコンドームを外しティッシュに包んで捨てると精子まみれの親父のものをきれいに舐め始めた。

「はい、もういいでしょ。お小遣いちょうだい!」

と親父に言うと親父は財布から1万円を取り出し里香に渡した。

「里香もすっかりエッチになったね。」

とうれしそうに言いながら親父はパンツを履いた。

「パパのせいだよ~。責任とってよね!」

と里香も下着を付け出した。
俺はすっかり訳が分からなくなりそのまま自分の部屋に戻りとりあえず寝た。

次の日、昼の11時を過ぎたころ目が覚めてリビングに降りると里香がテレビを見てくつろいでいた。
俺を見るとびっくりした様子で

「おにーちゃん、いつ帰ってきたの!?」

というので

「昨日。」

と答えると少し気まずそうに

「そう・・・。」

と答えた。

「ご飯食べる?」

というので

「うん。もらうは。」

と言うとキッチンで料理をはじめた。
妹の後ろ姿を見て昨夜のことを思い出した。
何も知らない清純な可愛いやつだと思っていた妹があんなスケベなことをしかも親父と・・・。
里香の大人の体と親父のものを咥えてた顔を思い出し、ついつい俺のちんぽも硬くなった。

「はい。できたよ。」

と食事を準備する里香の手を取りソファに座らせた。

「俺、昨日見たからさ~。よくわからんが、いつからやっちゃってるわけ?」

と問いただした。
里香は気まずそうにしながらも話始めた。
母親がいなくなってから1週間位したころ、親父と酒の付き合いでビールを飲んでいると変な薬を飲まされたらしく、いきなりキスされて裸にされたが全く抵抗できず、そのままやってしまったらしい。
里香ほ処女だったが薬のせいか、あまりの気持ちよさに何回もいかされたらしく中出しまでされたようだ。
それ以来、親父の求愛を断れず、ほぼ毎晩のようにやっていたらしい。
ある時なんかは親父の40代の友達が3人来て親父を含めた4人に好き放題にされたようだ。
交替で入れられたり、二人に同時にアソコと口に入れられたり、3人のジジイどものものを同時にしゃぶらされたりと、とにかくありとあらゆるいやらしいことをさせられたようだ。
俺は話を聞いているうちに親父に対する怒りと同時に、そんな妹の行為を妄想して興奮してしまいチンポが全快になってしまった。
パンツ一枚だったので里香にもすぐばれてしまった。

「あ~、おに~ちゃんも変なこと想像したでしょ~?」

と言って触ってきたので触らせていると扱き始め

「フェラしてあげようか?」

というので

「唾いっぱいつけて頼むわ・・・。」

と言うとパンツからチンポを取り出して咥え始めた。
中3とは思えない絶妙な舌使いは以前行ったピンサロ嬢並みだ。
あまりの良さに俺はソファにもたれ掛かりながら片手を里香の服の襟の隙間に入れて、DかE位はある巨乳を直に揉んでやり、乳首を転がしてやると里香も咥えながら

「んん・・・」

と声を漏らし始めた。

「お兄ちゃんのってすごい大きいんだね~。」

というので

「親父よりでかい?」

と聞くと

「全然!1.5倍くらいあるよ。」

だと。
調子にのった俺は

「どう?お兄ちゃんとも試してみる?親父たちよりはいい仕事するぜ。」

と言うと

「うん。いいかも・・・。」

という答え。
俺はもう片方の手を里香のパンティに突っ込みアソコを触るとすっかり濡れているので指を1本、2本と入れて掻き混ぜた。

「アソコ舐めて欲しい?」

と言うと

「うん。」

と小さく頷いたのでそのまま里香を上にして69をした。
まだピンク色のアソコだが、親父たち数人にもう犯されたのかと思うといやらしく見えてきて容赦なく口で攻めてやると

「あああああ、それ気持ちいいーー!」

と大声で叫びだした。
里香を床に寝かせると

「いいよ、おにーちゃん。」

と足を広げた。
俺は何の躊躇もなく

「いただきまーす。」

と一言いって里香の中に入り込んだ。
ちゃっかり生で入れさせてもらい、めちゃくちゃ気持ちよっかた。
里香も

「あああっ、やっぱりおっきいい!」

といって感じまくりで自分から腰を振ってきた。

(本当に淫乱だな、こいつ。)

と思いながらもそんな里香が可愛くて可愛くて、たまらずキスして舌を絡めるとそれに応えて舌を絡めてきた。
10分もしないうちに里香が

「いっちゃうよーーー!」

と言い出した。
いきやすい体質なのか、それとも親父たちにそうされたのかはわからんがとにかく大声を出していってしまった。
俺も限界が来たので

「どこに出せばいい?」

と聞くと

「どこでもいいよ!」

と。

「中に出しちゃうぞ!」

というと

「今日は安全日だからたぶん平気。いいよ。」

と願ってもないうれしい言葉が返ってきた。
俺はあとは快楽の誘うままに腰を打ちつけ里香の中に放出した。
最高の瞬間だった。
おそらく今までで一番のセックスだった。
しかも驚いたことに里香に入れっぱなしだったチンポは5分もしないうちにまた大きくなりやっがた。
俺も里香も何の迷いもなくそのまま2回目に入った。
俺と里香は上になったり下になったり、あらゆる体位で交わり続けた。
彼女とのセックスとは比べ物にならないくらい相性がよく何度やっても尽きることがなかった。
終いには場所を変え、俺の部屋、妹の部屋、風呂場でもやった。
結局俺は7回もいって、里香は何度いったか分からなかった。
夕方、親父が帰ってくる前に俺は家を出て彼女の家に戻ったがもうぐったりで寝るしかなかったが、里香はその後も親父の相手をしたらしい。

あれ以来、俺が家に帰る回数は当然増えた。
もちろん目的は里香だ。
夏休みが終わったここ数日は制服を着せたままのプレイを楽しんでいる。
里香も

「パパよりおに-ちゃんのほうが感じる。」

と言ってくれている。
ただ、今度、親父たちに混ぜてもらうのもいいかな~と思っています。

Home > 兄弟・姉妹 > 家の妹ときたら

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top