Home > 職場・社内 > 営業で追い詰められた私

営業で追い詰められた私

家庭の事情で大学を中退して、苦労して事務の職を見つけました。

飲食店の業務用機器販売の会社なのですが、入社してすぐどんな会社かわかりました。
事務職として入社しましたが、最初の仕事は営業でした。
1ヶ月目は先輩と一緒に営業をしましたが、それ以降は1人でやることになりました。
毎日その日の成果を報告するのですが、私は全くダメなのでいつも怒られていました。
営業職は給料も歩合の割合が高く、売れない私は生活費にすら困るようになりました。

そんなある日、初めて訪問した飲食店でのこと。
ちょうど買い替えを検討していたということで、店長と店員の2人の中年男性が話を聞いてくれました。
話すら聞いてくれないことが多いので、うれしくて一生懸命製品の説明をしました。
でも反応はいまいちで、買うまでの決め手がないと言われました・・・。
店員の男性が

「店長スケベだから、あんたみたいなボインがサービスすればイチコロだよ。」

と言って、店長がすかさず

「セクハラだろ!」

と注意しました。

でも私には冗談に聞こえず、

「そうか、こういう方法もあるんだ。私の能力では売れないから、オンナであることを利用するしか・・・。」

と、黙って立ち上がり、スカートのチャックを下ろし、何度もためらいながらスカートを脱ぎました。

店員があせった様子で

「お姉ちゃん、冗談だよ!もしかしてサービス?」

と言うと、私は黙ってうなづき、服を脱ぐと、下着姿になりました。
店長が

「ちょっとびっくりしたけど、ほんとスタイルええなあ・・・19歳だっけ?ここまで見せてくれるとは思わなかったよ。」

といいながらいやらしい目で私の体を見てきました。

二人は私の体について語り合っていると、興奮しながらどんどん話の内容がエスカレートしていきました。
頭の中ではどうしよう、どうしようと思っていましたが、ちょっと我慢すればやっと1つ売れるんだ!会社でも罵倒されない、給料も増える!といいことばかり頭の中を巡って、決心がつきました。
2人の目の前でブラジャーを外し、パンツを脱ぎました。

奥の部屋で2人に身体中を舐められ、私も2人の身体を舐めました。
合意の上でしたが、コンドームなしでセックスしたので、何度も中に出されました・・・。

店長は約束どおり買ってくれました。
それに知り合いの飲食店を多数紹介してくれたので、営業成績はかなり伸びました。
そのおかげで希望していた事務の仕事につくことができました。

Home > 職場・社内 > 営業で追い詰められた私

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top