Home > 職場・社内 > 営業部の奈穂子ちゃん1

営業部の奈穂子ちゃん1

営業部のアシスタント、奈穂子ちゃん。
少しぽっちゃり気味の、えっちな体型。
愛嬌のある、話しやすい子で、不在がちな営業マンに直接話さなくても、この子に言えば、大抵の事はキチンとこなしてくれる、シッカリ者。

仕事の分担上、俺は奈穂子ちゃんの頼みをきく立場になることが多い。
営業マンがお客様から頼まれて、断り切れなかったムリな納期等について、奈穂子ちゃんが

「忙しい中、いつも悪いんですけど・・・。」

とお願いしてくる。
あまりにもムチャだったり、度重なったりすると

「もう、いいかげんにして!」

となったり、上司宛に正式に断ったりするけど、大抵はなんとか協力してあげる。
で、最近少し気が付いた、、、というか、気になることがある。

奈穂子ちゃん、その手のお願いに来ると、俺の横にしゃがんで話をする。
俺は椅子に座っているので、少し見下ろす感じ。
制服のタイトミニでこっちを向いてしゃがむと、三角ゾーンがまともにこっちを向くことになる。
そういえば前に、ついつい目がそっちを向いたのを、気付かれたのでは?ということがあった。

低姿勢で、一所懸命事情を説明する奈穂子ちゃん。
俺の顔をじっと見つめて話すので、目をそらせにくいけど、やっぱり気になる三角ゾーン。
パンストの縦すじと、その奥の淡い白いレース模様。
かなり無茶な話で、普通なら

「いくらなんでもむりっ。いいかげんにしてくれ!」

となるところを、つい

「わ、わかった。なんとか頑張ってみよう。」

と言ってしまった。
断られる覚悟で来ていたらしい奈穂子ちゃん、少し引きつった微笑みを浮かべて

「よかった。すみません・・・。」

あれ以来、その手のお願いに来るときは、きちんとこちら向きにしゃがむようになった気がする。

これって、わざとやってるんだろうか?
これって、セクハラになるんだろうか?

営業部の奈穂子ちゃん2に続く

Home > 職場・社内 > 営業部の奈穂子ちゃん1

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top