Home > 浮気・不倫 > 次男の嫁と愛し合っている還暦男

次男の嫁と愛し合っている還暦男

昨年末に還暦を迎え一応顧問という肩書きは残っているけど、会社には行っても行かなくても良い立場になりました。
本当のとこは来て欲しくないようですが。

家では3年ほど前から次男夫婦と同居しています。
次男の嫁(純子)は今29歳、仕事を続けるため子供が出来てから同居しています。

朝、孫(3歳の男の子)を保育園に送ってから出勤、帰りに保育園によって帰ります。
仕事が遅くなったり用事がある時は私の家内が迎えにいきます。
同居してから、家庭が賑やかで明るくなりました。
特に嫁の純子は明るくて気立てが良く、それにびっくりするくらいの美人で、こんな人と一緒に暮らせるだけでも幸せでした。
金銭的にもあまり困らないし、孫も良く懐いてくれて本当に幸せな老後を迎えていました。

変化があったのは今年の一月です、次男がタイに転勤になったのです。
取敢えず単身で行って、暫く様子を見て家族を呼ぶということでした。
仕事が暇になったこともあり、私は今まで以上に孫と遊んだり世話をしていました。 

2月の中旬の土日でしたが、家内がコーラスの仲間と一泊二日で温泉に行った時のことです。
家内が出掛けた後、私は純子と孫を遊園地に連れて行き弁当を食べて一日遊んで家に帰りました。

孫を風呂に入れ寝かせた後、私と純子は一緒にビールを飲みました。
よく考えてみると同居してから夜二人だけで家にいるのは初めてでした。

「お義父さん今日はお疲れ様、一緒にビール飲んで良いですか?」
「純ちゃんと飲むと何倍も美味しいよ。」
「今日は勇気(孫)も本当に喜んだし私も楽しかったです。有難うございました。」
「嬉しいな、勇気や純ちゃんが喜んでくれたら本当に幸せな気分になるよ。」

その後色々話しながらビールを何本か空け楽しい時間を過しました。
私は自分では意識していませんでしたが、いつの間にか純子に対し好きという感情が涌いていたのだと思います。

そのあと、私は自分でも信じられないくらい大胆なことをしてしまいました。
トイレから戻った後、酔った振りをして純子の側に行き、横顔にそっとキスをしたのです。
長い髪のせいで直接には触れることが出来ませんでしたが、純子には何をしたか分かったはずです。
それから純子は固まってしまいました。

「ゴメン酔っているかも知れないけど、今の正直な気持が出てしまった。」
「・・・。」

何かこの瞬間人生全て失ってしまうかも知れないという後悔と、もう後戻り出来ないという気持だったと思いますが、実際は瞬間の判断だったと思います。
私は純子の首を押さえ、唇にキスをしたのです。
私は好きという気持を込めキスを続けました。
純子の気持は良く分かりませんでしたが、特に激しい抵抗は無く私のなすがままで、その内私の舌に応えてくれるようになりました。

そこからは完全に私のペースでした。
キスをしながら手をパジャマの中に入れ胸を愛撫すると身体が徐々に柔らかくなり、官能のスイッチが入ったのか喘ぐような声も出始めました。
私は後戻り出来ない状況でそこまで来たのですが、まだ最後までいくつもりはありませんでした、キスだけでも幸せでした。

その時家内から電話が入りました。
無事着いているという連絡と何か変わったことが無いかの確認でしたが、無事遊園地で遊んできたことだけ伝えて切りました。
家内からの電話でその場はお終いになると思っていましたが、純子の目は違っていました。
それは続きを求める、私を求める目でした。
私も覚悟を決め、純子をソファーに連れて行きパジャマを脱がせました。
私はもう5年ほどセックスしてなくて大丈夫かなという気持もありましたが、心配は杞憂でした。
私の射精が遅いからか次男が赴任して一月以上になり溜まっていたのか、何度も登りつめてくれました。

日曜の朝、台所の音で目を覚ましました。
ソファーの上で毛布が掛けられていましたが、昨夜のことをすぐには思い出せませんでした。
起き上がって

「純ちゃんおはよう。」

と言ったのですが、私は素っ裸で慌てました。
下着は洗濯機に入れたとのことですが恥かしくて寝室に着替えに行き、頭を整理して戻ってきました。

「純ちゃん昨日は有難う、素敵だったよ。」
「私こそ有難うございました、お義父さん凄かったです。」

気まずくなることを恐れていたのに、明るく言われて本当に嬉しかったです。
直に純子の側に行きキスをしましたが、孫が起きてきたので日曜はそれで終わりました。

夢の様な出来事のあと10日ほど平穏な日が過ぎました。
私は自分の性的な欲望より家族の幸せの方が大切だと思っていましたし、そんなに性欲も強くなかったのかも知れません。
ある晩、家内が風呂に入っている時に純子が缶ビールを持って私の側に来ました。

「お義父さんは意地悪ですね。」
「・・・?」
「純子は忘れられないのに・・・。」
「私だって一度も忘れたことは・・・。」

純子の目は最初と同じように私を求めるような目でした。
私は急いで純子のパジャマを降ろし挿入しました。
信じられないくらい一瞬の内に純子は濡れ、私も固くなっていました。
家内は15分くらい風呂から出てこないことは分かっていたのですが、5分くらいで純子は逝ってしまいました。

それからは週に1~2回私と純子は家で愛し合っています。
また月に1回純子は仕事を休み、私とホテルでタップリ愛し合ってます。

ところで4月に1週間純子はタイに行って来ました。
仕事も止めたく無いし、2~3年なら単身赴任の方が良いという結論になったようです。
でもその結論には私の存在も大きいと純子は言ってます。
純子は心も身体も通じ合っているのは私だけだと言います。
30歳も離れた還暦の爺さんより若い息子の方が良いと思うのですが、激しいだけでは満足出来ないと言います。

でも純子も私もセックスに溺れているということはありません。
勇気中心の生活ですし、そんな日常に幸せを感じています。
純子のことが可愛くて大好きで、息子がタイから帰ってくるまで大切にしようと思うのですが、帰ってきてからどうなるのか良く分かりません。
その頃には私も枯れていることを祈るだけです。

Home > 浮気・不倫 > 次男の嫁と愛し合っている還暦男

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top