Home > 兄弟・姉妹 > ウチの姉4

ウチの姉4

ウチの姉3続き

そうか、あれ膜じゃねーんだ。
すいませんね、当方童貞な者で。
所詮エロ漫画で得た知識だからアテにならんかったか。

んで姉は、本当に何にも気付いてないっぽい。
だっておとといの分かってたら確実に俺はボコられるし。
姉は俺よりはるかに腕力あるし。
何より今まさに浣腸したし。
四日くらい「出てない」らしく、姉が浣腸持って走ってきて、

「弟、浣腸頼んでいい?」

なんて言うもんだから、あ、これ、昨日のこと気付いてないな、って思ったわけで。

そして俺は姉に浣腸するのは慣れているので、姉を四つん這いにさせて、中にチュウっと注入な。
アナルがキュッと窄まって可愛かった。
マンコは相変わらずぴっちり。
アナル周辺にも毛は全然無い。
姉はこういったものが効き易い体質みたいで、すぐにお腹が鳴るんだ。
俺は今までの経験から、姉を抱えて(俺にはとても重い)急いでトイレに。

今回は間に合ったようで、数分後姉がニコニコして出てきた。
今日もありがと、って。
スゲェ笑顔で抱き付かれたもんだから、俺、急におとといの事思い出して姉に申し訳ない事したな、って思って心の中で謝った。
けど、姉の肛門にはその事もあって興奮してしまった。
今もギンギンに勃ってる。

やっぱり俺って最低だ。

ウチの姉5に続く

Home > 兄弟・姉妹 > ウチの姉4

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top