Home > 兄弟・姉妹 > 姉が無毛のオマンコを見せてくれた

姉が無毛のオマンコを見せてくれた

俺が真っ赤になって湯船に沈んでいるのは、もちろん熱いからではない。
まもなく中学生、もう異性が気になる年頃だ。

目の前で三つ上の姉が、さすがにちょっと照れながらも、身体を洗っていた。
弟から見ても、姉は美人の部類に思えた。
身体も彼には綺麗に思えたし、それは目のやり場に困るほどだった。

「おやぁー?おねーちゃんの裸見て、こーふんしたかなー?」

おどけた調子で姉に聞かれても、返答できない。
実際、刺激的なのだから。

沈黙を続け、湯船に沈んでいる俺の正面に、泡を洗い落とした姉が入ってきた。
もちろん、向かい合わせだったので、弟は慌ててうつむき、目をそらす。

「直樹とお風呂入るの、何年ぶりかなあ・・・」

しみじみとした口調だった。
俺が不審に思うほど。
思わず顔を上げてしまい、湯面から出ている姉の胸の膨らみを見てしまって、また顔を伏せた。
どぎまぎする弟の様子を見てい姉は、やや真顔になって聞く。

「ねえ.....お姉ちゃんの身体...きれいだと思う?」
「ふえ?」

突然の質問に俺は面食らい、恐る恐る顔を上げた。
やがて、小声で言う。

「......うん....きれいだと....思う。」
「じゃあ、いっぺんよく見せてあげるね。」

ざばぁっ....っと、姉が湯船の中で立ちあがる。

上気した少女の身体が、少年の前にあらわになる。

「お、お姉ちゃん!?」
「ちゃんと.....見てね.....今日だけだから。」

雰囲気に飲まれ、姉の裸体を言われるままに見つめた。
まだ幼さを残す身体だった。
膨らみきってない胸。
脂肪の少ない、すんなりした手足。
まださほどくびれてないお腹。

でも、それは綺麗だった。
弟の目から見ても。
やがて少年の視線は、下腹部の、無毛の亀裂に向かう。
少女は弟の見ている場所に気付き、言った。

「そこ....興味ある?」
「.......うん。」
「触ってもいいよ。」
「いいの?」
「うん....今日だけ....ね。」

少年は、おずおずと手を伸ばした。
指が触れ、探るように亀裂を撫でる。

「直樹?そこ、もっと見たい?」
「うん....」

俺は既に、かなり興奮していた。
冗談ならば、そろそろ潮時だ。
でも何故か、姉は冗談で済ませたくなかった。
湯船を上がると、洗い場に足を広げ、座りこんだ。

「ほら...もっと見せてあげる。おいで。」

弟も湯船から上がり、姉の股間に顔を近づけるようにしゃがみ込んだ。

小さな陰茎は勃起していた。
少女は優しく言う。

「直樹の見たいとこ....全部見ていいからね....」
「う、うん。」

手を伸ばす。
指が少女の陰裂に触れ、くにゅ、と広げた。
顔を近づけ、覗きこむ弟の興奮した息遣いが、粘膜に感じられる。

「もっと....広げていいよ....」

半ば恍惚とした口調でささやいた。

その時、風呂場からガラス一枚隔てた脱衣所に、誰か入ってきた。
瞬間的に姉は正気に返る。
俺も同じだった。
指がぴたりと止まった。
二人は指を介して繋がった状態で、共に硬直した。
この場を見つかったら言い訳できない。

「出るときに洗濯籠の中身、洗濯機に移しといてー。」

母親の声だった。
姉は咄嗟に返答した。

「うん、分かったー。」

そして、弟に向き直ると、笑って言う。

「あのね....あとは、あたしのお部屋で、しよ。」
「う....うん....」
「じゃ....ゆび、抜いて?」
「あ、うん。」

ぬぷんっ。

お湯ではない液体にまみれた指が、少女の膣から抜き去られた。

Home > 兄弟・姉妹 > 姉が無毛のオマンコを見せてくれた

サイト内萌え体験検索
オススメサイト

山下一啓

Return to page top